ニュース
» 2007年01月30日 22時50分 UPDATE

お風呂も雨も水洗いもOK──富士通の防水ケータイ「F703i」の中身 (2/2)

[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2       

会場では水洗いや入浴デモなども

 ちなみに今回の説明会の会場は、ホテルオークラのペントハウス。多数のデモ機を用意して、水没させた端末に電話をかけたり、スケルトンモデルを展示したりしていた。またバスルームでは入浴中に電話をしたり、パウダールームで端末を水洗いするデモなども実施。F703iの防水性能を披露した。

PhotoPhotoPhoto 会場となったホテルオークラのペントハウスのバスルームでは、モデルが実際に入浴しながら通話するデモを行った。うっかり水中に落としてしまっても、IPX7相当の防水性能を持つため、すぐに水から出せば問題はない
PhotoPhoto パウダールームでは、ぬれた手で端末を操作したり、端末を水洗いするデモも行った
Photo 会場にはF703iをバラバラに分解し、主要パーツを展示したパネルも登場
PhotoPhoto 水中にあっても、電話をかければ着信し、正常に動作する。スリムながらも防水を実現する一体型パッキン構造は、特許を申請中。バッテリーパックはネジなどを利用せずに止められる構造を採用した
PhotoPhoto F703iのスケルトンモデル。内部を見せるために、一部のパーツが取り外されているので実際には動作しないほか、シーリングもきっちり行っていないため、防水性能も持ち合わせていないという
PhotoPhoto 側面から見ると、パッキンがどのように入っているかがよく分かる

 ちなみに富士通端末でおなじみの指紋センサーは、F703iには搭載されていない。防水で、なおかつ指紋センサーを搭載した端末というのは開発できないのか聞いてみたところ、「現状では防水の指紋センサーがないので難しい」との回答だった。指紋センサーには、静電容量式、電界検知式、光学式、感熱式、感圧式などがあり、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあるが、防水性能はもちろん、ぬれた指で扱うことなどもあまり想定されていないそうだ。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.