ニュース
» 2007年02月09日 15時45分 UPDATE

ドコモ、4Gの屋外実験で下り約5Gbpsのパケット伝送に成功

NTTドコモは、2006年12月25日に行った第4世代移動通信システム(4G)向けの屋外実験で、下り最大約5Gbpsのパケット信号伝送に成功したと発表した。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモは2月9日、2006年12月25日に第4世代移動通信システム(4G)向けの屋外実験を実施し、最大約5Gbpsのパケット信号伝送を達成していたことを確認したと発表した。

 実験は神奈川県横須賀市光の丘地区で行った。基地局装置から帯域幅100MHzの電波を使って信号を送信し、時速約10キロで移動している移動局装置で受信した受信信号の復号処理を行った結果、確認できたという。

 ドコモでは、2005年12月14日に行った同様の実験で、下り最大約2.5Gbpsのパケット伝送に成功しているが(2005年12月の記事参照)、今回の実験は、実際の周辺セルからの電波干渉を考慮した上で限界と想定される伝送速度を実証するのが目的。そのためMIMOアンテナの数を6本から12本に増やし、さらに独自の受信信号処理技術を適用しており、これによって約5Gbpsを達成した。周波数利用効率は、2005年12月の実験では1Hzあたり25bpsだったものが、1Hzあたり50bpsに向上している。

 なお、この実験の詳細は、2月12日からスペインのバルセロナで開催される「3GSM World Congress 2007」にて紹介する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.