ニュース
» 2007年03月01日 15時50分 UPDATE

「X01HT」に春の新色「ホワイト」登場――S!メール対応ソフトも提供開始

ソフトバンクモバイルは、Windows Mobile搭載のHSDPA端末「X01HT」に、春の新色となる「ホワイト」を追加した。同時に、S!メールを利用可能にする専用無料ソフトを発表した。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「X01HT」ホワイト

 ソフトバンクモバイルは3月1日、同社のHSDPA対応スマートフォン端末「X01HT」に、春の新色「ホワイト」を追加した。3月16日から販売する。

 また、同じく3月16日より、S!メール(MMS)の送受信が行えるX01HT専用ソフト「SoftBankメール」を無料で提供する。ユーザーが設定したPOP/SMTPメールの送受信が行えるX01HTだが、キャリアが用意するプッシュメールサービスは、SMSのみの対応となっていた。SoftBankメールをX01Hにインストールすることで、絵文字を使うなど、音声端末と同様のS!メールサービスが利用できるようになる。

 なおインストール後、これまで「Outook メール」に格納していたSMSを、SoftBankメールに格納するよう設定が変わる。また、すでに保存していたSMSについても、SoftBankメール側へコピーするという。

 SoftBankメールは、X01HT内蔵のInternet Explorer Mobileに登録された「My SoftBank for X Series」からダウンロードできる。ダウンロード時のパケット通信料・情報量は無料だが、SoftBankメールの利用には別途「S!ベーシックパック」(月額315円)への加入が必要だ。

 HTC製のX01HTは、Windows Mobile 5.0を搭載したQWERTYキーボード搭載端末。ソフトバンクのHSDPAサービス「3Gハイスピード」に対応し、下り最大1.8Mbpsのデータ通信が可能で、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN機能も備える。そのほかにもBluetoothや赤外線、miniUSB、microSDなどを装備した。メインディスプレイはQVGA(320×240ピクセル)表示の2.8インチで、カメラに200万画素CMOSを採用した。

項目 対応
サイズ 約112.5×58×21.95ミリ
重さ 約176グラム
連続待受時間 W-CDMA使用時:約250時間/GSM使用時:約200時間
連続通話時間 W-CDMA使用時:約240分/GSM使用時:約300分
通信方式 HSDPA、W-CDMA、GSM/GPRS/ワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g)
ディスプレイ 6万5536色表示、約2.8インチのTFT透反射型液晶(QVGA)
外部接続 IrDA、microSDスロット、Bluetooth Ver.2.0(HSP/HFP/OPP/DUNなどのプロファイルに対応)、mini USBコネクタ(USB 2.0)
カメラ アウトカメラ:200万画素CMOS、インカメラ:10万画素CMOSカメラ
入力機能 スライド式QWERTYキーボード、タッチパネル、ジョグホイール
OS Microsoft Windows Mobile 5.0 software for Pocket PC Phone Edition 日本語版(MSFP対応)
おもな搭載アプリ Pocket Outlook、Internet Explorer Mobile、Office Mobile、Windows Media Player 10 Mobile

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.