ニュース
» 2007年03月13日 14時44分 UPDATE

auのおサイフケータイが500万契約を突破

KDDIは、EZFeliCaに対応する「おサイフケータイ」の契約数が500万を突破したと発表した。最初のおサイフケータイ登場から約1年半で達成。

[ITmedia]

 KDDIは、EZFeliCaに対応する「おサイフケータイ」の契約数が500万を突破したと発表した。2005年9月に最初のおサイフケータイとなる「W32H」を投入後、約1年6カ月で500万契約を達成した。ドコモの2000万契約に比べて数は少ないものの、順調に契約数を伸ばしている。

 auのおサイフケータイは、これまで20機種登場し(発表ベース、MEDIA SKINのみ3月13日時点で未発売)、春モデルはWIN端末10機種のうち8機種がおサイフケータイに対応。また春モデルのおサイフケータイのうち、「W51P」を除く7機種は新バージョンのFeliCaチップを採用しており、リーダー/ライターにかざすだけでクーポンを取得できる「auケータイクーポン」に対応した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.