ニュース
» 2007年03月30日 13時01分 UPDATE

携帯電話が手のひらサイズのプロジェクターに──TIのDLPピコ・プロジェクタ

米Texas Instrumentsは3月26日、CTIA Wireless 2007で携帯電話に内蔵できるほど小さなDLPプロジェクターの試作機を公開した。

[園部修,ITmedia]
Photo DLPピコ・プロジェクタは単独でも製品化は可能だが、携帯電話やポータブルメディアプレーヤーなどに組み込んでの利用も想定している

 米Texas Instruments(以下TI)は3月26日、米国フロリダ・オーランドで開催されている携帯電話や無線通信技術の展示会「CTIA Wireless 2007」で、同社が開発した超小型DLPプロジェクター「DLPピコ・プロジェクタ」の試作機を公開した。試作機は携帯電話に組み込まれており、携帯電話の画面をスクリーンなどに投影できる。

 DLPプロジェクターは、DMD(Digital Micromirror Device)と呼ばれる、極小サイズの鏡(マイクロミラー)を敷き詰めたチップを利用するプロジェクターだ(詳細は2004年9月の記事参照)。滑らかでシャープな映像の投影が可能なほか、色再現性が高いなど、さまざまな特徴があり、データプロジェクターやホームシアター用のプロジェクターに採用されている。

 TIでは2006年から、持ち運びが容易な小型のDLPポケット・プロジェクタ用DMDを供給しており、2月に開催された3GSM World Congress 2007でも、DLPポケット・プロジェクタと計帯電話を接続する利用方法などを提案した(2月16日の記事参照)。今回のDLPピコ・プロジェクタには、このDLPポケット・プロジェクタの技術を応用した。

Photo 携帯電話からの投影イメージ。DLPピコ・プロジェクタのユニットは非常にコンパクトだ

 同社では携帯電話向けのベースバンドチップやアプリケーションプロセッサ「OMAP」なども展開しており、「今後数年間のうちに、プロジェクション技術と携帯電話などのモバイル端末との融合が大きく加速していく」と予測している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.