ニュース
» 2007年05月23日 09時02分 UPDATE

写真で解説する「EXILIMケータイ W53CA」

28ミリの広角レンズに5.1MピクセルのCMOSカメラなど、ケータイカメラの機能をとことん追求し、最薄部18.9ミリのボディに詰め込んだのが「EXILIMケータイ W53CA」だ。

[園部修,ITmedia]

 カシオ計算機製のWIN端末「EXILIMケータイ W53CA」は、既報のとおり35ミリカメラ換算で28ミリの広角レンズにAF付きの5.1MピクセルのCMOSカメラを搭載した、ケータイカメラの性能をとことん追求したモデルとなっている。

PhotoPhotoPhoto ボディカラーはアイリスホワイト、ベールブラック、フレアレッドの3色。カメラユニットがある裏面が“表の顔”となる

開発途上のカメラ機能

 画像処理エンジンには新たに開発した「EXILIMエンジン for Mobile」を搭載しているほか、カメラ機能のユーザーインタフェースはEXILIMと雰囲気が似たものになる予定だ。カメラ機能については別記事に詳しいので詳細は割愛するが、9点AFや6軸手ブレ補正、高感度撮影など、豊富な機能をサポートしておりとても魅力的だ。

Photo AFフレームは9点用意されており、コントランスト検出により最適な被写体にピントを合わせる

 ただ、EXILIMケータイ W53CAの発売時期はほかの夏モデル端末より少し遅いようで、まだまだ開発途上な部分も多く、カメラの機能や性能についてはあまり詳しく話を聞くことはできなかった。なお今回は充電台の展示はなかったが、カシオ計算機製端末ではおなじみの充電台にもEXILIMならではのこだわりがあるという。

厚さ18.9ミリの回転2軸ボディ

 ボディはカシオ計算機製端末ではおなじみの回転2軸型。メインディスプレイはワイドVGA(480×800ピクセル)表示に対応した2.8インチのIPS液晶で、サブディスプレイは搭載していないため、ディスプレイを閉じた状態ではすっきりとしたシンプルなデザインだ。しかし裏面のカメラ周りには、コンパクトデジカメの沈胴式レンズをほうふつとさせるメタリックなリングを配し、カシオ計算機の社名とEXILIMのロゴが大きく入っている。この端末の“表の顔”は、一般的な携帯端末とは逆の面、つまりカメラとして構えたときの面となる。

 ちなみに裏面側ボディの質感は、フレアレッドのみ光沢のあるつるっとした仕上げで、アイリスホワイトとベールブラックはマットな仕上げ。背面のパーツには2色成形を採用しており、透明感とつやのあるエレガントなイメージを演出している。

PhotoPhoto 端末の左側面にはmicroSDメモリーカードスロットを備えるほか、USB接続に対応した充電台(クレードル)との接点となる5つの金属端子がある。右側面には大型のシャッターボタンや、カメラ撮影時などに操作キーとして利用する決定キーや上下キー、マナーキーなどを備え、スライド式カバーを備えたイヤフォン端子も用意している
PhotoPhoto ボディのヒンジ寄りには、高速通信規格IrSimpleに対応した赤外線通信ポートを装備。底面側には端子類はない
PhotoPhoto 背面には2色成形を用いたパーツを採用しており、縁の部分は各色ともに透けている。光沢感と深みを両立させており、上質な印象を受ける。ヒンジ寄りには透明なWINロゴも備える

 ダイヤルキーは最近流行のフレームレスタイプではなく、キーとキーの間に細くて背の低いセパレーターを備えている。十字キーは円形でしっかりとしたクリック感があり操作しやすい。発話キーと終話キーが大きめに確保されているのも好感が持てる。

 またメインディスプレイの右下には、EXILIMロゴが横向きに入っているのもポイントだ。ここはディスプレイを表向きにして閉じ、カメラスタイルで端末を構えたときに左下に来る位置で、こんなところにも開発陣のこだわりが垣間見える。

 ちなみにEXILIMケータイ W53CAの外観は、カシオ計算機のデジカメ「EXILIM EX-Z1000」と同じデザイナーがデザインしたという。

PhotoPhoto ダイヤルキーはフラットな形状だがセパレーターがあり押しやすい。メインディスプレイを表にして横に構えたとき、左下に来る位置にもEXILIMのロゴが配置されている

新キャラクターはカツオの「Bonite」

 コミカルな動きが人気の「アデリーペンギン」のコンテンツは、今回はEZケータイアレンジのデータとして提供される予定だ。ただ、発表会場にあった端末にはまだインストールされておらず、「現在開発中」とのことだった。

 ペンギンに代わり、EXILIMケータイ W53CAで主役の座を射止めたのは新キャラクターの「Bonite」(ボニット)。これはカツオのキャラクターで、端末を開くたび、またメニューなどを開いて閉じるたびに異なる動きを見せ、ユーザーを楽しませてくれる。基本的にシルエットで描かれる点はアデリーペンギンのコンテンツとよく似ているが、BoniteにはBoniteのストーリーがあるようだ。

PhotoPhotoPhotoPhoto アデリーペンギンに代わり、W53CAのメインキャラクターとなるのがカツオのBonite(ボニット)。箸でつつかれたり、ガイドブックを見ながらダイビング(?)する自分を想像をしたり、ナイフとフォークに捕まえられそうになったりと、コミカルな動きを見せる

この記事に関連するキーワード

EXILIMケータイ W53CAW52CAW51CAW43CAG'zOne W42CALISMOワンセグFeliCaauKDDI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.