ニュース
» 2007年05月28日 18時32分 UPDATE

「Suica」と「ICOCA」、電子マネーも相互利用へ

JR東日本とJR西日本は5月28日、2008年3月をめどに「Suica」と「ICOCA」の電子マネーの相互利用を開始することで合意した。

[ITmedia]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)と西日本旅客鉄道(JR西日本)は5月28日、「Suica」と「ICOCA」の電子マネーの相互利用を、2008年3月をめどに開始することで合意した。

 SuicaとICOCAは、2004年8月1日からICカード乗車券としての相互利用を開始しており(2004年4月の記事参照)、首都圏と新潟、仙台エリアのJR東日本管内でICOCAが利用でき、京阪神のJR西日本管内でもSuicaやモバイルSuicaが使える。これが2008年3月からは、電子マネーの相互利用も可能になる。

 すでに首都圏では、大手私鉄などで利用可能な「PASMO」がSuicaと乗車券および電子マネーの相互利用を開始しており、幅広いエリアで利用可能になっている。Suica電子マネーとICOCA電子マネーの相互利用が始まることで、さらに電子マネーとしての利用エリアの広がりが期待できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.