ニュース
» 2007年06月18日 14時13分 UPDATE

乾電池で携帯・USB機器を充電可能――松下電器「ポケパワー」

松下電器産業は、単三形ニッケル水素電池2本を使用するUSBモバイル電源「ポケパワー」(Pocket Power)を発表した。携帯電話用充電端子とUSB端子を装備し、対応機器へ電源を供給できる。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「ポケパワー」(Pocket Power)

 松下電器産業は6月18日、単三形ニッケル水素電池2本を内蔵するUSBモバイル電源「ポケパワー」(Pocket Power)を発表した。NTTドコモFOMA端末・ソフトバンクモバイル3G端末用の「BQ-600K/F」と、au端末用の「BQ-600K/A」の2機種を用意する。発売は7月1日で価格はオープン、店頭価格は4000円前後になる見込み。

 ポケパワーは、携帯電話の充電端子とUSB端子を備え、携帯電話のほかデジタルオーディオプレーヤーなどUSB充電に対応する機器に電力を供給できるポータブル電源。付属の単三形ニッケル水素電池2本を取り出して使うことで、乾電池を利用する機器にも対応する。また緊急時には、オキシライド・アルカリ乾電池を装着して、携帯用充電端子とUSB端子から電源を供給できる。

 外部へ供給できる時間はニッケル水素電池使用時で約70分(5V 500mA)、オキシライド乾電池使用時は約80分(5V 250mA)、アルカリ乾電池では約50分(5V 250mA)となる。

 本体は39(幅)×85(高さ)×20(厚さ)ミリと手のひらサイズで、重さは35グラム。電池込みでは93グラム。付属する専用充電台はクレードルタイプで、ポケパワーを“置くだけ充電”できる。付属単三形ニッケル水素電池への充電時間は約4時間となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.