ニュース
» 2007年07月17日 17時04分 UPDATE

ドコモ、日本語対応の「BlackBerry 8707h」を7月23日から発売

NTTドコモは日本語対応の「BlackBerry 8707h」を7月23日から発売する。7月18日から東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2007」に出展する。

[ITmedia]
Photo 7月23日から発売される日本語対応の「BlackBerry 8707h」

 NTTドコモは、RIMのモバイル端末「BlackBerry 8707h」の日本語対応版とBlackBerry Enterprise Solutionを7月23日から発売すると発表した。ドコモの法人営業部門を通じてシステムとセットで販売するという。

 ドコモは2006年9月から、法人向けにBlackBerry 8707hを提供しており、法人ユーザからの「日本語環境で利用したい」という要望に応えて、日本語版ソフトの開発を進めていた。

 日本語化するのはBlackBerry 8707hの端末内ソフトウェアと「BlackBerry Enterprise Server」「BlackBerry Desktop Manager」。これらの端末とソリューションを日本語化することで、端末のメニューやプリセットアプリを日本語のユーザーインタフェースで利用可能になり、予測変換機能付きの日本語入力機能も使えるようになる。また、Lotus DominoやMicrosoft Exchangeと連携したEメールやスケジュール、住所録、業務アプリなどの法人向けシステムソリューションも日本語環境で利用可能になる。

 BlackBerry 8707hはフルキーボードを備えたモバイル情報端末。W-CDMA/GSM/GPRSネットワークに対応し、国内外で通話やメールを利用できる。Bluetoothやmini USBコネクタなどの外部接続インタフェースを搭載し、メーラーやスケジューラ、アドレス帳、メモ帳、計算機、Webブラウザなど、ビジネス向けの各種アプリがプリセットされる。

PhotoPhoto 日本語化は端末だけにとどまらない。PCで使うBlackBerry Desktop softwareからBlackBerry Enterprise Serverまですべてで問題なく日本語が扱えるようになっている。

 なおドコモは、7月18日から東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2007」にBlackBerry 8707hを出展する。

Photo Research In Motion(RIM)日本担当副社長のジョー・カチ氏(左)とNTTドコモ 代表取締役副社長 法人営業本部長の山田隆持氏(右)
BlackBerry 8707hのスペック
項目 概要
サイズ 約110×69.5×19.5ミリ
重さ 約139.8グラム(電池パックを含む)
連続待受時間 (静止時) 3G使用時:約400時間、GSM使用時:約400時間
連続通話時間 3G使用時:約165分、GSM使用時: 約300分
通信方式 3G(W-CDMA)、GSM/GPRS
ディスプレイ 320×240ピクセル、6万5000色以上
外部接続機能 Bluetooth Ver.2.0(Headset,Handsfree,Serial Profile)mini USBコネクタ(USB 2.0)
カメラ機能
内部メモリ RAM:64Mバイト(フラッシュ)
入力機能 QWERTYキーボード、トラックホイールなど
主なアプリケーション メーラー、アタッチメント・ビューアー、スケジューラ、アドレス帳、メモ帳、計算機、ウェブ・ブラウザ
付属品 トラベルチャージャー(ACアダプタ)、USBケーブル、スタンダードバッテリー(電池パック)、ヘッドセット(イヤホンマイク)、ホルスター(キャリングケース)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.