調査リポート
» 2007年08月03日 14時04分 UPDATE

「iPhone」を買うとしたら、いくらまで払える?──ヤフーバリューインサイト調べ

ヤフーバリューインサイトが「C-NEWS」で実施した「iPhone」に関する市場調査の結果を発表。インセンティブモデルが根付く日本で、ユーザーがiPhoneに支払える金額は?

[ITmedia]

 ヤフーバリューインサイトは8月2日、生活者情報マーケティングデータサービス「C-NEWS」で実施した「iPhone」に関する市場調査の結果を発表した。調査は2007年7月25日、26日の両日、中学生を除く15歳以上のインターネットユーザーを対象に実施したもので、集計回答人数は400人。

 同調査によれば、iPhoneという名称の認知率は82%、「どういうものか知っている」と回答した割合は全体の41%だった。「どういうものか知っている」と答えた人に、いつごろiPhoneを知ったかを聞いたところ、iPhoneが発売された「2007年6月」が25%で最多。「2007年5月以降」では56%を占めた。公式発表前の「2006年12月以前」という回答も22%となっており、ネット上の噂レベルの情報に注目していた層が5人に1人は存在したことが分かる。

 機能面の魅力は「3.5インチマルチタッチディスプレイ」と「iPod機能の搭載」が僅差でそれぞれ1位、2位となった。機能以外の魅力としては、「iPodやPC、ケータイの機能が1つになっていること」が、2位以下に14ポイントの差をつけて1位となった。

 購入意欲をパーセンテージでたずねると、「70%以上」と購入に前向きだったのは、全体で13%にとどまったが、30代では18%と、他の年代に比べて購入に前向きだった人の割合が多かった。また、購入意欲が「70%以上」だった割合をiPodユーザーと非iPodユーザーで比較すると、iPodユーザーでは24%、非iPodユーザーでは10%だった。

 iPhoneに近いと思う機器は、「モバイルパソコン」が31%で最多。「音楽ケータイ」が26%で2位、「スマートフォン」が21%で3位と続き、解釈が分かれていることが分かった。30代以上では「モバイルパソコン」に近いとする回答が最も多く、10代、20代では「音楽ケータイ」という回答が最多だった。

 iPhoneを購入するとしたら、いくらまで支払うかについては、平均では2万2655円。年代別では、30代が2万3514円で最も高く、50歳以上が2万3456円でこれに続いた。他方、「いくらでも買わない」とした回答者は、全体の12%だった。

 なお、iPhoneが現在の利用キャリアとは違うキャリアから発売された場合、「電話会社を変えて買う」と回答した人は15%。最も多かったのは、26%のソフトバンクモバイルのユーザーで、以下、16%のau、9%のNTTドコモと続いた。

関連キーワード

iPhone | スマートフォン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.