ニュース
» 2007年09月28日 16時58分 UPDATE

ウィルコム、次世代PHSで2.5GHz帯の免許申請

ウィルコムが9月28日、次世代高速無線通信の免許を申請。最大20Mbpsの高速通信が可能な次世代PHSで参入を目指す。

[ITmedia]

 ウィルコムが9月28日、総務省に2.5GHz帯を利用した次世代高速無線通信の免許を申請した。申請にあたっては、既存の3Gキャリアが単独で申請できないという制限が設けられているが、ウィルコムはこれに該当しないことから単独で申請を行った。

 ウィルコムは、この周波数帯を利用して次世代PHSを展開する計画。現行のPHS技術に、OFDMやMIMOなどの新技術を付加し、最大20Mbpsの高速通信が可能な通信システムを構築する。

 PHSの特徴となるマイクロセルシステムによるエリア化を次世代PHSでも推進するとし、これにより総務省が義務づける「5年以内で人口カバー率50%」という指針もクリアできるとアピール。また、中国や台湾などのアジア地域でPHSが普及していることを挙げ、海外でPHS事業を展開するキャリアからも後継システムとして期待されているとした。

 2.5GHz帯を利用した次世代高速無線通信の免許については、イー・アクセスとソフトバンクがISPら6社と、KDDIが京セラ、米Intel、JR東日本ら5社と、ドコモがアッカネットワークスと組んで申請する方針を打ち出している。いずれのキャリアも、WiMAX方式で事業を展開する予定だ。

関連キーワード

PHS | 次世代 | ウィルコム | 総務省


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう