ニュース
» 2007年10月18日 08時39分 UPDATE

Nokia、Wi-Fi対応でタッチスクリーン+QWERTYの「N810」発表

タッチスクリーンのスマートフォンN800の後継機種に当たるが、スライド式のQWERTYキーボードが付いた。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaは10月17日、Wi-Fi対応の「Nokia N810 Internet Tablet」を発表した。米Boingo Wireless、米Earthlink、英Cloudとの提携により、世界各地のWi-Fiホットスポットにアクセスできる。価格は479ドルで、11月に出荷開始の予定。

 N810はLinuxベースの「OS2008」を搭載。タッチスクリーン式の4.13インチ液晶ディスプレイをスライドすると、QWERTYキーボードが現れる。GPSレシーバー搭載により、自分の位置を地図上でリアルタイムで把握できるほか、Wayfinderが提供する音声ガイドナビ機能をオプションで追加することが可能だ。

yu_n8101.jpgyu_n8102.jpg

 SkypeによるIP電話や、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用、搭載カメラを使ってのGizmoビデオチャットが可能。またメモリカードで10Gバイトまで容量を拡張することが可能。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.