ニュース
» 2007年10月22日 13時50分 UPDATE

“シャア専用”ケータイ登場、充電台はモノアイが光るザクヘッド──「913SH G TYPE-CHAR」

フルスライドケータイ「FULLFACE 913SH」に“シャア専用”モデルが登場。シャアのパーソナルカラーを模したボディカラーに加え、バンダイ製の12分の1シャア専用ザクヘッド型充電台も付属する特別モデルとなっている。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、2007年秋冬モデルのラインアップに、人気のフルフラット・フルスライドケータイ「FULLFACE 913SH」のバリエーションモデルとして、“シャア専用”をうたう特別モデル「913SH G TYPE-CHAR」を投入する。

PhotoPhoto (C)創通・サンライズ
色が赤いだけでなく、細かな紋章などが各所に配されているほか、専用コンテンツもプリインストールされる

 913SH G TYPE-CHARは、913SHのハードウェアスペックはそのままに、外観をシャアのパーソナルカラーをイメージした黒と赤に変更したもの(ただし、残念ながら“3倍速い”わけではない)。ジオン公国章や特別ロゴなどを各部に配し、メインメニュー、壁紙、絵文字にシャア関連のオリジナルコンテンツをプリインストール。またシャアに関連したボイス、効果音、着メロなども内蔵している。

 さらに創通・サンライズ監修、バンダイ完全協力の下、12分の1スケールのシャア専用ザクヘッド型充電台(組み立て式)を用意。913SH G TYPE-CHARだけの特典として、端末パッケージに同梱する。

PhotoPhoto (C)創通・サンライズ
913SH G TYPE-CHARには専用の充電台が同梱される。12分の1スケールのシャア専用ザクIIの頭部を模した充電台は、充電中にモノアイが動くなど、細部までこだわった作りになっている

 充電台は、内部に913SH用の充電台をセットできる構造になっており、充電中は端末の画面上をピンク色の円形の模様が左右に移動し、まるでモノアイが動いているかのような効果を演出する。

 販売は、ほかの端末と同様ソフトバンクショップおよび販売店で行う。個装箱には専用のデザインを採用しており、通常の端末の6個分ほどの大きさになるという。

機種名 913SH G TYPE-CHAR
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×108×17ミリ
重さ 約125グラム
連続通話時間 約280分
連続待受時間 約350時間
メインディスプレイ 2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)モバイルASV液晶
サブディスプレイ
アウトカメラ 有効200万画素CMOS
インカメラ 有効11万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
主なサービス ワンセグ、3Gハイスピード、S!おなじみ操作、S!ともだち状況、カスタムスクリーン、S!タウン、Bluetooth、PCサイトブラウザ、S!FeliCa、S!電話帳バックアップほか
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.