レビュー
» 2007年10月22日 20時34分 UPDATE

写真で解説する「920T」

“ほぼ全部入り”だった2007年春モデル「911T」の高機能さを引き継ぎ、新デザインと外光下でも見やすい3インチワイドVGAクリアスクリーン液晶を採用。スペックは大きく変わらず、さながら911Tのマイナーチェンジ版という位置付けだが、911Tでは未対応だったワンセグの予約録画や外部メモリ録画機能などもしっかり備えるなど、さらなる使い勝手への工夫も盛り込んだ。

[岩城俊介,ITmedia]

 東芝製のソフトバンクモバイル向けはやはりハイエンド端末。新機種の「920T」は、2007年春モデルの「911T」後継として“ほぼ全部入り”の特徴も継承したスライドボディで登場する。

photophoto 東芝製のハイエンド端末「920T」。カラーはピンク、シャンパンゴールド、ブラウン、ホワイトの4色で展開する

 主な機能は911Tから継承。ワイドVGA(400×800ピクセル)表示対応の3インチディスプレイやワンセグ、3Gハイスピード(HSDPA)、Bluetooth(AVプロファイル対応)、手ブレ軽減機能付き320万画素AFカメラ、内蔵1Gバイトメモリ、PCサイトブラウザ/ドキュメントビューア、ミュージックプレーヤー、30fps/VGA対応のムービー撮影機能、S!FeliCa、S!GPSナビなどを搭載する。

 外観デザインは、911Tの光沢のあるピカピカなイメージからやや落ちついたイメージのカラーリングが施され、ホワイト、ピンク、ブラウン、シャンパンゴールドの4色を用意。発話/終話キーを決定キーと並ぶ中段に配置し、クリアキーと音楽/文字切り替えキーの位置を変えるなど、キーレイアウトが若干変更された。

 決定キーと発話/終話キーはボディカラーと異なる銀色の独立したキーを採用し、これらだけ少し出っ張っている。911Tより指のかかり具合は良好。ただし直感的に操作できるかというとどうだろうか。クリアキーも左側最下段に移ったので、従来機で「中央にクリアキー」「終話キーで終了して待受に戻る」に慣れていると最初は少し慣れが必要かもしれない。

 ワイヤレス音楽再生やワンセグ音声の出力が行えるBluetooth機能も従来機同様に健在。標準オプション(別売り)のBluetoothレシーバーも用意するようだ。3インチのワイドVGA液晶は解像度やサイズは変更ないものの、クリアスクリーン液晶を新たに採用した。クリアスクリーンは液晶パネル本体と筐体パネルを隙間なく接着させることで、外光の乱反射を抑えるメリットがある。これにより屋外でもより快適に視聴でき、同社比でコントラストが約2倍、明るさが10%向上するという。

photophoto 911T(右)の表面はつややかでピカピカだったが、ディスプレイ周りの黒いふちや、やや落ちついたトーンの色(シャンパンゴールド)なども用意することで、受ける印象も少し違う。920Tはキー周りの指紋も目立ちにくい塗装なので好印象だ
photophoto 本体左側面は充電用接点、microSDスロットを実装。厚さは18.6ミリと少し厚くなった(911Tは17.9ミリ)が、十字キー部の“山”が高くなり、ディスプレイを閉じる時も指を掛けやすくなった(左)。本体右側面は上/下兼サイドキー/TVキー、ロックキー、カメラ/シャッターキー、角形イヤフォン端子/通信端子を備える(右)
photophoto 本体底面にストラップホールと通知LED(中央にあるメッキ調モールドの上側が光る)、本体正面に赤外線ポートとワンセグ受信用のロッドアンテナがある。通信端子や角形イヤフォン端子、ストラップホールの位置が911Tから変更されている
photophoto 本体裏面はオートフォーカス(AF)+手ブレ軽減機能付きの320万画素CMOSカメラと左右にステレオスピーカー、FeliCaマーク。911Tはほんの少し出っ張っていたカメラのレンズ部も、920Tはすっきり平らになった。ちなみにバッテリーは930mAh(暫定)と大容量化(911Tは800mAh)。ワンセグ連続視聴時間は4時間、連続待受は約380時間(911Tは約330時間/いずれも暫定値)と、ネックだった“電池の持ちの悪さ”はかなり改善されそうだ(左)。ダイヤルキーは凸形状のキーに改善。たったこれだけの段差だが、かなり入力しやすくなったと感じる(右)
photophoto 充電台は、ワンセグ視聴用にやや斜めに配置できるクレードル型のものが付属する。ただ、911Tに付属した、スピーカー用の“耳”(裏面にあるスピーカーから出力された音を前面へ反射させるための半円状アクリル板)付きのものではなくなった
photophoto オプションのビデオ出力ケーブルを使うと、撮影した動画や写真などを家庭用テレビに出力できる(左)。ワンセグを起動すると“REGZA”ロゴが表示。東芝製液晶テレビ「REGZA」で培った映像チューニングが施される。新たにワンセグの予約録画機能を搭載した
photophoto 共通オプションのBluetoothレシーバー。フックキー、音楽操作系キー、ステレオミニジャック、ロックスイッチ、クリップが備わる。ワンセグのチャンネル切り替えも可能だという
機種名 920T
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×113×18.6ミリ
重さ 約141グラム(暫定値)
連続通話時間 約170分、TVコール:約120分(暫定値)
連続待受時間 約380時間(暫定値)
ワンセグ連続視聴時間 約4時間(暫定値)
アウトカメラ 有効約324万画素CMOS、AF/手ブレ軽減機能付き
インカメラ 有効約32万画素CMOS
ブライトエンジン
デジタルズーム 静止画最大16倍、動画最大5.3倍
美肌撮影機能
ホワイトバランス オート、太陽光、曇り、蛍光灯(昼光、昼白)、白熱灯
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約3インチ(400×800ピクセル)クリアスクリーン液晶、約26万色
サブディスプレイ
内蔵メモリ容量 約1Gバイト
メール保存件数 受信:最大5Mバイト(最大2000件)、送信・未送信合計:最大約1.5Mバイト(最大600件)、下書き:最大700Kバイト(最大60件)
アドレス帳 1000件(1件あたり5番号、5メールアドレス)
リダイヤル・着信履歴 各20件
バイブレータ 3パターン+SMAF連動
オリジナルマナーモード
簡易留守録 30秒×5件
ワンセグ
輪郭強調設定 3段階(強/弱/オフ)
録画 本体メモリ/外部メモリ(microSD)
タイマー録画/タイマー視聴
ワイヤレスワンセグ音声出力 Bluetooth AVプロファイル対応
メール自動フォルダ振り分け
日本語入力システム Mobile Rupo(入力・フレーズ予測、AI変換、英数カナ変換など)
ワイヤレス音楽再生 Bluetooth AVプロファイル対応
バックグラウンド音楽再生 音楽再生中のメール操作、Yahoo!ケータイ閲覧対応
付属音楽ソフト BeatJam 2007 for 920T
電子辞書 国語、英和、和英 合計11万6000語
PCサイトブラウザ ○(横向き表示可能)
ドキュメントビューア ○(Word、Excel、PowerPoint PDF)
画面デコ
ボイスレコーダ機能
赤外線通信
国際ローミング ×
主な対応サービス S!FeliCa、3Gハイスピード(HSDPA)、ケータイ書籍/電子コミック、Flashメール、デルモジ表示、アレンジメール/フィーリングメール、S!ループ/S!タウン、S!ともだち状況/S!一斉トーク、S!速報ニュース、S!キャスト/お天気アイコン、S!GPSナビ(NAVITIMEアプリプリインストール)、Yahoo!mocoa、S!ケータイ動画、S!電話帳バックアップ、着うたフル、PCサイトブラウザ、ドキュメントビューア ほか
ボディカラー ホワイト、シャンパンゴールド、ピンク、ブラウン
発売時期 2007年12月中旬予定

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


関連キーワード

920T | ワンセグ | Bluetooth | 東芝 | 911T | HSDPA | FeliCa | REGZA


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.