ニュース
» 2007年11月02日 02時33分 UPDATE

Cyber-shotケータイの“サイバーショット度”をチェックする

人気デジカメブランド「サイバーショット」の名を冠する携帯電話「SO905iCS」が登場した。どこまでサイバーショットに近づいたのか、ドコモの発表会に潜り込んでチェックしてみた。

[渡邊宏,ITmedia]

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO905iCS」は、ソニーのデジカメブランド「Cyber-shot」(サイバーショット)の名前を冠する“デジカメケータイ”だ。デジカメのブランドを冠した携帯電話としては、KDDIのEXILIMケータイこと「W53CA」が記憶に新しいが、SO905iCSはどれほど充実したカメラ機能を持つのか、チェックしてみた。

 なお、チェックしたのは試作機であり、細部は変更される可能性があることをお断りしておく。

photo 「SO905iCS」。カラーはシルバー、ピンク、ホワイトの3色

 手にすると真っ先に気が付くのが、「Cyber-shot」のロゴがついたレンズカバー。携帯電話のカメラはレンズカバーが設けられていないケースがほとんどなので、レンズカバーが存在するだけでもデジカメっぽさがぐっと増しているように思える。DSC-T200などのサイバーショットTシリーズと同様、レンズカバーの上げ下げはカメラ機能と連動しており、カバーを下げるとカメラが起動する。

 レンズは折曲式レンズ機構による光学3倍ズームレンズで、F値はF2.8-F5.4。デモ機をチェックするとレンズ部には焦点距離を表すであろう「4.5-13.5」という文字がプリントされていたが、レンズと撮像素子の距離は確認できなかったため、35ミリ換算の焦点距離は不明だ。

photophotophoto レンズカバーを下げるとカメラが起動する。レンズの左隣にはLEDフラッシュが設けられている

 サイバーショットといえば撮像素子は「Super HAD CCD」だが、本製品の撮像素子はソニーのデジタル一眼レフカメラ「α700」にも搭載されている最新のCMOSセンサー「Exmor」(エクスモア)だ。有効画素数(有効511万画素)とチップのカラムごとにA/D変換を行うことで処理の高速化と低ノイズ化を実現する「カラムAD変換」の実装以外の詳細は未公開だが、最新デジタル一眼レフカメラの技術を本家サイバーショットに先駆けて搭載しているあたり、力のいれ具合がうかがえる。

 撮影機能についても、サイバーショットの顔検出機能「顔キメ」を携帯向けにアレンジした「顔キメLite」を搭載。同時認識可能な顔の数などが異なるなど、完全な顔キメではないので“Lite”の文字がついたとのことだが、その動作はなかなか快適。横顔や眼鏡を掛けた人物の認識にチャレンジする時間はなかったが、カメラを向いている人物の顔はスムーズに認識された。

photophoto 顔認識機能「顔キメLite」はON/OFF可能

 メニュー画面もサイバーショット風だ。画面左に撮影モードや撮影画像サイズなどの項目が並び、カーソルをあわせると対応する説明文も表れる。デモ機はジョグでのカーソル操作に最適化されていたようで、十字キーで操作するとキー操作に対してワンテンポ、カーソルが遅れて動いた。これは製品化の際には改善されるだろう。

photophotophoto メニュー画面。左に各項目のアイコンが縦に並ぶ(左、中)。サイバーショットTシリーズ「DSC-T200」(右)と操作感はほぼ同じといっていい

 ただ、レンズカバーや折曲式レンズを搭載した関係か、サイズは113(幅)×50(高さ)×24(奥行き)ミリとやや大柄。特にレンズカバー部分が緩やかながらも盛り上がっている背面デザインは、直線を基調とするサイバーショットのデザインに見慣れているとやや違和感を受ける。ここは好みが分かれるところかもしれない。

photophotophoto

 そのほかにもダウンロードした音楽にあわせて撮影した写真をスライドショー再生する「音フォト」や先日発表されたばかりのDSC-T2(→4Gメモリ搭載、内蔵ソフトでブログ更新――サイバーショット「DSC-T2」)に通じる撮影画像のブログ/SNS投稿機能など、サイバーショット“らしさ”を備えているのも特徴と言える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.