ニュース
» 2007年11月09日 21時54分 UPDATE

携帯販売ランキング(10月29日〜11月4日):いよいよ携帯冬商戦──「au買い方セレクト」で携帯売り場はどう変わる? (1/2)

携帯3キャリアの新機種発表も済み、いよいよ12日から冬商戦向けモデルの第1弾が登場する。また、新機種の登場に合わせてauとドコモは新たな携帯販売方法も導入。店頭価格が「高くなる」という話もよく聞かれるが、果たして12日以降の携帯売り場はどうなるだろうか。

[岩城俊介,ITmedia]
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
1(1)F904i(1)W52SH(1)911SH
2(2)SH904i(2)W53T(2)705Px
3(4)SH704i(3)EXILIMケータイ
W53CA
(3)FULLFACE 913SH
4(3)P904i(5)W52SA(6)910SH
5(5)FOMAらくらくホンIII
(F882iES)
(4)W52CA(5)911T
6(6)らくらくホンIV
(F883iES)
(6)W52P(4)912SH
7(7)SH903iTV(8)簡単ケータイ A5528K(7)816SH
8(8)N904i(7)W54T(8)810P
9(10)D904i(9)W53S(10)fanfun. 815T
10(12)N704iμ(10)ウォークマンケータイ
W52S
(9)812SH

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2007年11月第1週)

今までより高い値札が付くであろう「905i」シリーズ、26日以降に売り場はどうなる?

Photo F904i

 今回のドコモ販売ランキングは大きな変動がなく、前回と同様に富士通製のワンセグ端末「F904i」が首位を獲得した。

 続いてシャープ製の「SH904i」とワンセグ端末「SH704i」、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P904i」、富士通製のユニバーサル携帯「らくらくホンIV」がランクインした。

 なお、11月1日に発表した冬商戦向けの新機種「905iシリーズ」の近日登場を控え、携帯販売店の店頭は、さらに値下げされる傾向の現行機種を求める層と、905iシリーズ待ちの層がきれいに分かれているようだ(905iシリーズは、26日の新販売方法開始に合わせて、順次登場すると見られる)。KDDIの「au買い方セレクト」と違い、ドコモの場合は905iシリーズ以降に発売する機種に新たな販売方法が適用される。販売店によると、905iシリーズの基本店頭価格は(もちろん、まだ未定ではあるが)6〜7万円前後になる予定とのことだ。

 そうなると、26日以降の店頭価格は905iシリーズ(例えば新規6万円)と904iシリーズ(値下げされ、例えば新規約1万円台)の新旧機種でかつてないほど差がある状況になるのだろうか。販売店によっては、その大きすぎる価格差の影響で新機種の買い控えを防ぐため、現行機種の価格を調整する可能性もあるという。905iシリーズを購入する場合はバリューコースとベーシックコースのどちらを選ぶかによって初期費用が異なる(イコール 購入時の心理的負担が異なる)わけだが、新たな販売方法の開始で店頭の販売状況がどのように変化するかにも注目しておきたい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.