ニュース
» 2007年11月19日 23時08分 UPDATE

ユーザーはどんな端末からケータイWebにアクセスしているか――ドコモとソフトバンクはシャープ端末がトップ

ビートレンドが2007年10月の携帯アクセス実勢調査の結果を発表。この調査は、ユーザーがどんな端末からWebサイトにアクセスしているかが分かるもので、ドコモとソフトバンクはシャープ端末がトップとなった。auのトップはカシオ計算機端末。

[ITmedia]

 ビートレンドは、携帯電話端末のアクセス実勢調査を発表した。調査期間は2007年10月1日から同31日まで。

 同社が携帯向けASPサービス「BeMss」を提供する約600社の携帯サイトが、どのような機種からアクセスされているかをまとめたもの。今回の調査は特定の業種や規模、サービス内容に偏らないBeMss利用企業の携帯サイトを対象にアクセス機種情報を集計しており、実勢に近い機種ごとのシェアを把握するのに役立つという。

 同調査の結果によれば、キャリア別アクセス数の割合は、NTTドコモが58.9%、auが32.7%、ソフトバンクモバイルが8.4%となった。

 キャリアごとの機種別アクセス数のトップ5は、NTTドコモの1位から5位までがSH903i、SH902iS、N903i、D903i、SH904i、auがW41CA、W51S、W43H/W43H II、W44K、W43S、ソフトバンクモバイルが911SH、705SH、912SH、910SH、905SHと、これまで上位にランクインしていた2006年夏モデルが順位を下げ、2006年冬モデルがシェアを伸ばす傾向が見られる。また、すでに2007年夏モデルがランキング上位に食い込んでいることも分かった。

 HTMLメールの対応端末は78.6%とほぼ8割に達し、これに対してFlash対応端末の割合は91.6%と9割を超えるものの、前回2007年7月の調査結果(92.2%)からは、若干シェアを下げている。

graphgraph HTMLメール対応端末の割合(左)、Flash®メール対応端末の割合(右)いずれもプレスリリースより

 なお、おサイフケータイ対応端末からのアクセスが急増しており、今回の調査では73.1%を占めている。ドコモではすでに80%に達しており、他の2キャリアでも60%を超えた。特にauは、この調査が開始された2007年4月と比較すると、20%近く増加している。

関連キーワード

au | NTTドコモ | ソフトバンク | 携帯サイト


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.