ニュース
» 2007年12月12日 17時56分 UPDATE

イー・モバイル、「D01NX」の対応OSを変更――新たにWM 5.0をサポート

イー・モバイルは、CF型データ通信カード「D01NX」の対応OSにWindows Mobile 5.0を追加し、DELL製PDA向けドライバを公開した。一方、Windows Mobile 2003/2003 SE、Mac OS 10.3.8以前のOSは非対応となった。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「D01NX」

 イー・モバイルは12月12日、ネットインデックス製のCF型データ通信カード「D01NX」の対応OSを変更すると発表した。

 これまでD01NXは、Windows Vista/XP SP1以降/2000 Professional SP4以降のほか、Windows Mobile 2003/2003 Second Editionにも対応するとしていた。しかし、マイクロソフトによるWindows Mobile 2003/2003 Second Editionのサポートが終了したため、対応OSから外すことになったという。

 新たにWindows Mobile 5.0が対応OSに加わり、同日からDELL製PDA向けのドライバソフトを公開した。なお、Windows Mobile 6、Windows Embedded CE 6.0への対応と、日本HP製PDA向けのドライバソフトの提供時期は未定だという。

 またMac OSについても、Mac OS 10.1.5〜10.3.8のサポートが終了しており対応OSから外れる。Mac OS 10.5以降への対応については、メーカー出荷にPCカードスロット(TypeII)あるいはCFカードスロットを内蔵したMac OS 10.5搭載製品がラインアップされていないため、未定としている。

 仕様変更後の対応OSは次の通り。Windows 2000(Professional SP4以降)、Windows XP(Professional/Home Edition SP1以降)、Windows Vista(32bit/64bit版)、Windows Mobile 5.0(DELL社製PDA)、Mac OS 10.3.9/10.4〜10.4.11。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.