ニュース
» 2007年12月18日 14時38分 UPDATE

2.5GHz帯の割り当て、総務省は「審査中」――21日にも電波監理審議会に諮問

2.5GHz帯の割り当て2社が内定したという一部報道に対し、総務省は「まだ審査中」と回答。審査結果は21日にも電波監理審議会に諮問する予定としている。

[後藤祥子,ITmedia]

 2.5GHz帯の割り当て2社が内定したという一部報道に対し、総務省は「まだ審査中」と回答。審査結果は21日にも電波監理審議会に諮問する予定としている。

 2.5GHz帯の周波数割り当て2枠については、KDDIを中心とする6社連合のワイヤレスブロードバンド企画、ソフトバンクとイー・アクセスが30社超の企業と連合するオープンワイヤレスネットワーク、アッカ・ネットワークスを中心にNTTドコモら15社が参画するアッカ・ワイヤレス、PHS事業を展開するウィルコムの4社が獲得を目指して申請を行っており、総務省では「年内にも決まる見込み」としていた。

os_wimax1.jpgos_wimax2.jpgPhoto 総務省関東総合通信局長の江嵜正邦氏に申請書類を手渡すオープンワイヤレスネットワーク代表取締役社長兼COOの深田浩仁氏(写真=左)、ワイヤレスブロードバンド企画社長の田中孝司氏(写真=中央)、アッカ・ワイヤレス代表取締役社長の木村正治氏(写真=右)

 総務省では、12月21日に審査結果を電波監理審議会に諮問する予定で、同日に答申が得られれば参入2社が決まる。ただし、「1社がOKで、1社は審査し直しという可能性もゼロではない」(総務省)ことから、年内に決まるかどうかは「現段階では未定」(総務省)と言うにとどめた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.