ニュース
» 2007年12月21日 10時40分 UPDATE

総務省、2GHz帯“アイピーモバイル跡地”の技術的条件について審議を開始

総務省は12月20日、アイピーモバイルが認定を返上した2GHz帯のTDDバンドを利用する移動通信システムの技術的条件について、審議を開始したと発表した。

[園部修,ITmedia]

 総務省は12月20日、アイピーモバイルが10月30日に返上し、12月12日に認定取り消しを決定した2GHz帯のTDDバンドの15MHz(2010〜2025MHz)について、これを活用する移動通信システムの技術的条件の検討を開始したと発表した。情報通信技術分科会での審議を経て、2008年5月ころに一部答申を受ける予定。

 現在この2GHz帯は、TD-CDMAもしくはTD-SCDMAを使用することが定められているが、総務省では「国内外の技術の進展及び周波数の一層の有効利用を考慮して、今後の2GHz帯におけるTDD方式を活用した移動通信システムの技術的条件を検討する」としている。

 ちなみにTDD方式の通信は、TD-CDMAやTD-SCDMAのほか、現在2.5GHz帯の周波数割り当てで議論されているWiMAXや次世代PHS、IEEE802.20などもある。

 まずは携帯電話等周波数有効利用方策委員会で調査を行い、情報通信技術分科会で審議を行う。2008年5月頃に情報通信技術分科会からの答申を受け、その後関係規定の整備を行う予定。

関連キーワード

総務省 | アイピーモバイル | 次世代 | WiMAX


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.