調査リポート
» 2007年12月26日 00時55分 UPDATE

違法着うたサイトの利用、10代後半と20代の利用率が増加

日本レコード協会が違法な携帯向け音楽配信の利用実態調査の結果を発表。違法サイトを利用しているのは4割弱で、利用率が最も高い世代は10代前半。違法サイトからのダウンロード数は有料サイトからのダウンロード数を上回った。

[ITmedia]

 日本レコード協会は12月25日、「違法な携帯電話向け音楽配信に関するユーザー利用実態調査【2007年版】」を発表した。

 この調査は、違法な携帯電話向け音楽配信のユーザー利用実態を把握し、今後の対応策の検討材料とすることを目的に、11月12日から同15日まで、12歳から39歳までの携帯電話利用者を対象に実施したもので、サンプル数は1054名。

 同調査によれば、違法サイトの認知率は全体の82.5%で、実際に利用しているのは37.1%。利用率は10代前半が最も高いが、10代後半および20代の利用率が増加したため、年代間の利用率の差は減少している。

 違法サイトに音楽ファイルをアップロードした経験のあるユーザーの割合は14.0%。昨年度の17.7%から若干減少した。特に10代のアップロード経験率は、昨年と比較して減少傾向にあるが、その一方で20代前半では倍増という結果となった。なお違法サイトを知ったきっかけは、10代では友人経由が最多。20代以降はネットサーフィン中に違法サイトの存在を知るケースが多いことが分かった。

 違法サイトからのダウンロード数は、年間で約3億9900万ファイル以上と推定され、これは2006年10月から2007年9月までの直近1年間の有料着うた、着うたフルのダウンロード数3億2700万回を上回る数値となっている。また、昨年は違法サイトからのダウンロード対象は着うたが主だったが、今回の調査では着うたフルのダウンロードが着うたを上回った。特に10代での着うたフルのダウンロード曲数が、昨年と比較して倍増している。

関連キーワード

違法 | 音楽配信 | 着うた


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.