速報
» 2007年12月28日 15時49分 UPDATE

2008年のモバイル業界はどうなる──「Mobidec2007」のセッション内容から占う

[ITmedia]

 KLabは12月27日、東京・目黒雅叙園で11月27日に行われたモバイル・テクノロジー&ビジネスのキーパーソンのためのカンファレンスイベント「mobidec2007」でのセッション内容を掲載した。

 同カンファレンスでは、「【キーマン集合セッション】キーマン投票で未来予測 1年後のモバイル業界」と題したセッションが行われ、同社の真田哲弥社長が進行役を務めた。その他の参加者はプライムワークス池田昌史代表取締役社長、シーエー・モバイル小野裕史専務取締役、ザッパラス杉山全功代表取締役会長兼社長、ディー・エヌ・エー守安功取締役ポータル・コマース事業部長。

 同セッションではスピーカーの5人が、さまざまな角度からの質問に選択形式で回答。キャリアのシェアについては、auが躍進するという回答が1名、今と変わらないとする回答が4名だった。「日本でMVNOは成功するか?」という質問には、「ごく少数の会社だけが成功し、他は失敗」という回答が3名、「誰も成功しない」が1名、「小さなMVNOが多数でき、各社ともそこそこ成功」が1名となった。

 日本でiPhoneを取り扱うキャリアについては、「ソフトバンクモバイル」が3名、「ドコモ」が2名。「アップル自体がMVNOでやると面白い」としたスピーカーは「どこも採用しない」を選択した。

 セッションではほかにも「Google Android」が日本ではどうなるか、着メロと着うたのニーズの変化、「きせかえ」やモバイルSNSの将来性、今後のデコメの伸び、ケータイ広告ビジネスで伸びる広告について、サイトのプロモーションで最も効果のある手法などが討議のテーマとして挙がっており、詳細はKLabのリリースで確認できる。

 なお、 2007モバイル話題大賞を贈るとしたらという質問では、「モバゲー」「顔ちぇき」「ホワイトプラン」「ドコモ2.0の逆襲」「ソフトバンクの犬のお父さん」がそれぞれ1票を獲得している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.