ニュース
» 2008年01月08日 19時29分 UPDATE

905iシリーズの新機能:TOEIC600点相当の翻訳精度――ドコモに聞く「しゃべって翻訳」iアプリ

W-CDMAに加えてGSMにも対応することで、海外での利便性がぐっと高まったドコモの905iシリーズ。全10機種のうち7機種には、日本語の音声を英語に、英語の音声を日本語に翻訳するサーバ連携型のiアプリ「しゃべって翻訳」が搭載される。この機能の仕組みや翻訳精度について開発陣に聞いた。

[後藤祥子,ITmedia]

 ドコモの冬モデルとして登場した905iシリーズは、「ALL IN 世界ケータイ」というキャッチフレーズが示すとおり、全機種が3Gローミングに対応し、8機種がGSMローミングに対応するなど海外での利便性が向上している。GSMローミングを利用すれば、音声通話を154の国や地域で、iモードを105の国や地域で、テレビ電話を40の国や地域で利用でき、海外でも携帯を使ったコミュニケーションが可能だ。

905iシリーズの対応機種 利用可能なエリア(2008年1月8日時点)
3Gローミング D905i、F905i、N905i、P905i、SH905i、SO905i、N905iμ、SO905iCS、P905iTV、SH905iTV 51の国や地域で音声通話、SMS、iモード、41の国や地域でテレビ電話が可能。
GSMローミング D905i、F905i、N905i、P905i、SH905i、SO905i、N905iμ 155の国や地域で音声通話とSMS、107の国や地域でiモード、41の国や地域でテレビ電話が可能

 海外での利用が増えることを受け、音声認識エンジンを搭載する905iシリーズ7機種向け(D905i、N905i、P905i、SH905i、N905iμ、P905iTV、SH905iTV)にドコモが用意したのが「しゃべって翻訳」iアプリ。アプリを起動し、マイクに向かって最大10秒までの日本語のフレーズを話すと翻訳結果が英語で表示され、英語を話すと日本語の翻訳結果が表示されるというものだ。

 しゃべって翻訳iアプリの開発陣に、この機能の仕組みと翻訳精度について聞いた。

sa_docos11.jpgsa_docos12.jpgPhoto 905iシリーズの7機種にプリセットされる「しゃべって翻訳」iアプリは、“TOEIC点相当の翻訳精度”がウリ。利用開始から60日間は「旅行会話一般」「観光ショッピング」「空港施設」「レストラン」の全てのシーンを無料で利用できる。61日以降にも全機能を利用するには、マイメニュー登録(月額157円)が必要だ

旅行会話に限定した7万5000語の辞書をサーバ側に用意

sa_docos02.jpgPhoto NTTドコモ プロダクト&サービス本部 プロダクト&サービス本部 プロダクト部第一商品企画担当部長の板倉仁嗣氏(左)と同プロダクト部 第一商品企画担当主査の安藤智浩氏(右)

 しゃべって翻訳iアプリは、声で遊べる直感ゲームと同様、905iシリーズの一部機種に搭載された音声認識エンジンを利用している。マイクで拾った音声を解析して波形データに置き換え、そのデータをサーバに送信して翻訳するという仕組みだ。音声の生データを送信するものではないためサーバに送るデータ量は少なくてすむが、海外ではパケット通信料が日本と異なることに加え割引が適用されないので、使いすぎには注意が必要。NTTドコモ プロダクト&サービス本部 プロダクト部 第一商品企画担当主査の安藤智浩氏によれば、「海外で利用した場合、1回あたりの翻訳にかかるパケット料金はだいたい50円から100円程度。デコメールを1通送るのとほぼ同じくらい」で利用できるという。

 サーバ側には翻訳辞書として旅行会話に限定した7万5000語が用意され、英語から日本語の翻訳は、「ネイティブの発音でないと認識しない」(安藤氏)。発音は、英米豪の3カ国に対応しており、英語圏の幅広い地域で利用できるようにしている。

 なお、音声で翻訳の元になるフレーズを入力する場合、テキスト入力に比べて日本語表現があいまいになりがちだが、しゃべって翻訳アプリはこうしたあいまいさもおおむね吸収するという。「かなり多くの辞書をサーバ側で持っているので、けっこう複雑な表現でも認識してくれますし、ある程度までなら早口でしゃべっても大丈夫です。旅行に使われそうな言い回しに絞ってデータベースを充実させていることも精度が高い理由の1つでしょう。使っていただくと分かると思いますが、“こんなことも認識するんだ”というレベルのフレーズも認識しますし、厳密に“こういう文章じゃないとダメ”ということはありません。ただし、(日本語から英語に翻訳する場合)方言には対応していません」(安藤氏)

 この機能が、海外で困ったことが起こったときに役立つと話すのはNTTドコモ プロダクト&サービス本部 プロダクト部第一商品企画担当部長の板倉仁嗣氏だ。「例えば、旅先で腹痛を起こして病院を探す場合などでは、英語ができる人でも難しい表現になると伝えられないことがあります。しゃべって翻訳アプリを使えば、それをホテルの人に見せるだけですむのです」(板倉氏)

 しゃべって翻訳はサーバ側に翻訳データを持つことから、比較的容易に他の言語にも対応できると安藤氏。しゃべって翻訳が他の言語に対応した場合でも、対応端末を持つユーザーなら端末を買い替えることなく利用できるわけだ。

 他の言語への具体的な対応について安藤氏は「現状では未定」としながらも、ケータイを使った翻訳機能のニーズを計りながら検討を進めると話している。

sa_docos14.jpgsa_docos15.jpgPhoto 「変圧器を貸してください」と言ってみると、なぜか意味不明な認識結果に(左)。こんなときには「認識文を修正して翻訳」を選んでテキストで修正すれば(中)、それを翻訳し直してくれる(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.