レビュー
» 2008年01月11日 15時48分 UPDATE

写真で解説する「SO705i」(ソフトウェア編)

FOMAハイスピードや直感ゲームに対応するなど、機能面で大きなブラッシュアップを果たした「SO705i」。今回は、操作画面やイルミネーションウィンドウなどソフト面を中心にチェックした。

[田中聡(至楽社),ITmedia]

 Style-Upパネルを使って着せ替えを楽しめるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO705i」は、FOMAハイスピード、WORLD WING(3G)、おサイフケータイ、2in1、直感ゲームに対応したスタンダードモデルだ。ワンセグ、GPS、GSMローミングなどは非対応となる。

yo_so705i01.jpgyo_so705i02.jpg カラーはCharcoal Gray、Cheek Pink、Sugar Whiteの3色。Style-Upパネルは別売オプションになる

 SO705iを操作して驚いたのが、NEC製端末と同様のUI(ユーザーインタフェース)に変更されていたことだ。確認した限りでは、メール、カメラ、ミュージックプレーヤー、各メニュー内の画面など、ほぼすべてのUIが刷新されている。説明員によると、SO705iに関しては従来のソニー・エリクソン端末が採用していたSymbian OSではなく、NEC端末と同じLinux OSが採用されているという。

 ただし、変更されているのはあくまでUIの基本的な部分に限られる。例えば、N905i以降のNEC端末で利用できる「クイック検索」やiモードのタブ表示は非対応で、文字変換エンジンは「POBox Pro」だ。とはいえ、これまでソニー・エリクソンケータイを使っていたユーザーにとっては、操作性が大幅に変わることになる。

 なお、今後のソニー・エリクソン端末すべてがLinux OSを採用するかについては“未定”ということだが、「今回の(Linux OSへの)変更がSO705iだけで終わることはないだろう」(説明員)とのこと。今後は、SO90xiは従来どおりSymbian OSを、SO70xiはLinux OSを搭載――という形に棲み分けされていくのかもしれない。

photophotophoto 待受画面にはデスクトップアイコンが表示され、カメラ(フォトモード)やミュージックプレーヤーを起動できるようになっている(左)。メールの新規作成画面には、最新のNEC端末と同じく「機能」「送信」「MULTI」「添付」の4つのサブメニューを表示(中央)。宛先入力の方法もNEC端末と同じだ(右)

photophotophoto 文字入力のUIはSO905iとほぼ同じで、タブを使って入力方法を「予測」「英数カナ」「絵顔記」から切り替えられる。ただしSO905iで利用できる「直変換」のタブは省かれている。また、インライン入力は非対応で、いったん編集スペースに入力する必要がある

photophoto ミュージックプレーヤーは、SD-Audioが再生できない点を除けば、NEC端末とほぼ同じ作り。なお、ATRACファイルの再生はできない(左)。再生画面上でイコライザ変更やミュージックフォルダへのアクセスなどが可能だ(右)

photophotophoto イコライザは10種類(右)、SRS_WOWは11種類(中央)を用意。SRS_WOWはユーザーが独自に設定することもできる(右)

photophoto 待受画面で十字キーの上キーを押すと、登録相手に簡単に電話をかけたりメール送信ができる「直デン」を表示。これもNEC端末ではおなじみの機能だ(左)。カメラもNEC端末と同じく、撮影画面上でサイズやカメラモードを切り替えられる(右)

photophotophotophoto バラエティ豊かなきせかえツールをプリセット。メインメニューは4×3でアイコンが並ぶタイプもある。ソニー・エリクソンのオリジナルキャラクター「エリクル」の素材も用意されている。

プリインストールされているiアプリ一覧。カメラで撮影した写真からデコメピクチャを作成できる「デコ絵つくーる」を用意。GPSは非対応だが、「地図アプリ」も利用できる(右端)

 ゲームアプリとして、ミッフィーが登場する「はじめてのおつかい for SO」がプリインストールされている。親に頼まれたアイテムを買い物するという内容で、記憶力が試される。また、ミッフィーはデコメ絵文字/デコメピクチャ/デコメテンプレートなどのデコメアイテムや、キャラ電にも登場する。

photophotophoto 「はじめてのおつかい for SO」のタイトル画面(左)。難易度は「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の3種類。難易度が上がると、買い物をするアイテム数が増える(中央)。買い物をするアイテムが言い渡される(右)

photophotophotophoto 頼まれたアイテムを覚え、買い物をしていく(左端)。買い物が終わったら「おうちへかえる」を選んで帰宅(中央左)。買ったアイテムが正しければ○が付けられる(中央右)。最後に「きょうのがんばり度」が3段階で表示される(右端)

photophotophotophoto キャラ電でも、ミッフィーがさまざまな姿を見せてくれる

photo 着信時のイルミネーションは、6種類のパターンとランダムパターンをプリインストール

 サブディスプレイには、端末の開閉、電話着信/メール受信、充電時にイルミネーションが点灯する。イルミネーションの点灯方法パターンはいくつか用意されており、電話着信/メール受信、充電時などで個別に設定変更できる。また、イルミネーションパターンはメーカーサイトで追加配信される予定だ。

photophotophoto 電話着信時には携帯電話がアイコン表示される。左が「Sparkling」、中央が「Ring」というイルミネーションパターン。メール受信時にはメールアイコンを表示(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう