ニュース
» 2008年01月23日 15時01分 UPDATE

NTTドコモ、「SO905i」「M702iS」「M702iG」のソフト更新を開始

NTTドコモは、ソニー・エリクソン製端末「SO905i」と、モトローラ製の「M702iS」「M702iG」のソフト更新を開始した。スケジュール機能や目覚ましアラーム、着信履歴に関連する不具合を修正する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「SO905i」

 NTTドコモは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製端末「SO905i」と、モトローラ製端末「M702iS」「M702iG」のソフトウェア更新を開始した。

 SO905iのソフト更新は、スケジュール登録を繰返し行うと「メモリに空きがありません」と表示されスケジュール登録ができなくなるという症状を改善する。更新は、事前に設定した時間(デフォルトでは午前3時)に自動で行えるほか、従来どおり手動で行うこともできる。更新の所要時間は約30分。

 M702iSとM702iGのソフト更新は、

  • オールロックを設定中に、目覚ましアラームの設定時刻をむかえてもアラーム音は鳴動しないが、スヌーズが設定された場合、設定時刻の約11分後に鳴動してしまう。(オールロック設定中は目覚ましアラームが鳴動しないよう修正)
  • 着信履歴は最大60件まで記録されるが、59件目までしか履歴が残らない(更新されない)場合がある。

 という症状を改善するもの。ソフト更新は設定メニュー内の「ソフトウェア更新」から行う。所要時間は、M702iSが約17分、M702iGでは約10分となっている。

photo 「M702iS」(左)と「M702iG」(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう