ニュース
» 2008年01月28日 11時00分 UPDATE

有機EL×ワンセグ×KCP+、コンパクトな“スポーティ”ケータイ──「W61T」

東芝製の「W61T」は前機種 W56Tの高い機能を継承しながら、より「カジュアルにスポーツを楽しむ」ための機能やデザインを特徴とする“スポーティ&ビューティ”ケータイ。KCP+を採用し、有機EL、ワンセグ、FeliCa、Bluetoothなどを搭載する。

[岩城俊介,ITmedia]

 高い機能にコンパクトでカジュアルな外観デザイン。東芝製の「W61T」は、2007年秋冬モデル「W56T」の機能を多く継承ながら、よりコンパクトに、軽快かつスポーティな印象を受ける端末として登場する。

photophoto

 W61TはKDDIの新プラットフォーム「KCP+」を採用するハイエンドモデルの1つ。2.8インチの有機ELディスプレイ、ワンセグ、Bluetoothによるワイヤレス音楽再生機能、324万画素AFカメラ、FeliCaを備え、au OneガジェットやLISMOオーディオ機器連携、そして「au Smart Sports」などのサービスに対応する。

 au Smart Sportsは、携帯とともにカジュアルにスポーツを楽しむためのauの新サービス。W61Tは「au Smart Sports『Run&Walk』」アプリを内蔵し、ジョギングやウオーキング、サイクリングなど、毎日の“ワークアウト”を携帯のGPS機能などとともにワイヤレスで音楽音楽を聴きながら楽しめる。

 外観デザインは、スポーツシューズのような明るいツートーンカラーと光りのワンポイントアクセントを加えた、コンパクトなボックスフォルムが特徴。WINロゴとともに7色のイルミネーションが灯る“クリスタルイルミ”を備える。

機種名 W61T
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×98×18.9ミリ(暫定)
重さ 約118グラム
連続通話時間 約240分
連続待受時間 約250時間
アウトカメラ 有効約324万画素AF
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約2.8インチ(240×400ピクセル)有機EL、26万色
サブディスプレイ 7×7ドットLED
主な対応サービス・機能 au Smart Sports、au oneガジェット、EZテレビ(ワンセグ)、デジタルラジオ、EZ・FM、EZ FeliCa、Bluetooth、PCサイトビューアー、オープンアプリプレイヤー、赤外線通信(IrSimple) ほか
ボディカラー アスレチックホワイト、ダンシングピンク、セイリングブルー

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.