ニュース
» 2008年01月28日 11時08分 UPDATE

背面デザインが変わる電子ペーパーディスプレイ搭載──「W61H」

日立製作所製の「W61H」は、電子ペーパーディスプレイを背面パネルに搭載した“アメイジング・フェイスケータイ”。好みに合わせてデザインが選べるほか、着信やメール送受信時に変化する柄が楽しめる。「サルビア」のセキユリヲ氏がデザインした柄も用意した。

[園部修,ITmedia]

 日立製作所製の回転2軸型WIN端末「W61H」は、背面に電子ペーパーディスプレイを搭載し、模様が変化するというユニークな端末だ。

 約2.7インチの電子ペーパーディスプレイ「シルエットスクリーン」は、端末背面の大部分を占め、電話の着信やメールの送受信時、アラーム鳴動時などにデザインが変化。白黒2色のアニメーションや静止画など、合わせて95種類のパターンが用意されている。ちなみにシルエットスクリーンのデザインはボディカラーにより異なり、クリスタルホワイトとグラファイトブラックには「サルビア」のグラフィックデザイナー、セキユリヲ氏がデザインしたものを採用。リキッドグリーンは植物アート風のオリジナルデザインとなっている。

Photo ボディカラーはリキッドグリーン、グラファイトブラック、クリスタルホワイト

 メインディスプレイは「Woooケータイ W53H」で採用していた有機ELではなく、約2.8インチのIPS液晶だ。解像度はワイドQVGA(240×400ピクセル)。ワンセグは内蔵アンテナで視聴でき、ホイップアンテナを引き出す必要がない。画質処理エンジンは、ハイビジョンテレビ“Wooo”の技術をベースにした「Picture Master for Mobile」を採用。Woooの名は付かないものの、日立製端末ならではのワンセグ映像が楽しめる。

 ボディのサイズは約15(幅)×107(長さ)ミリとW53Hと同等で、厚さは約17ミリと少し厚め(W53Hの厚さは最薄部14.2ミリ)。デザインは香水などの化粧品ボトルをモチーフにした透明感のあるものとなっている。カメラは有効約197万画素で、外部メモリはmicroSDが利用可能だ。

 新サービスの「au Smart Sports Run&Walk」には対応しないが、LISMOビデオクリップやワンセグ、EZ FeliCa、PCサイトビューアー、オープンアプリプレーヤーといった基本機能はしっかり押さえている。

機種名 W61H
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×107×16.9ミリ(最厚部19.8ミリ)
重さ 約137グラム
連続通話時間 約250分
連続待受時間 約340時間
カメラ 有効約197万画素
外部メモリ microSD(別売り)
メインディスプレイ 約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)IPS液晶
サブディスプレイ 約2.7インチ 電子ペーパー
主な機能 LISMOビデオクリップ、ワンセグ、災害時ナビ、EZ FeliCa、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、赤外線通信、オープンアプリプレーヤー、au Smart Sports「Run&Walk」(要アプリダウンロード) ほか
ボディカラー クリスタルホワイト、リキッドグリーン、グラファイトブラック

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.