レビュー
» 2008年02月04日 18時24分 UPDATE

「SO905i」の“ここ”が知りたい(3):MP3は直接再生できる?──「SO905i」

ジョグホイールが復活したソニー・エリクソン製の「SO905i」。外部メモリはメモリースティックDuoやM2ではなくmicroSDのみとなったが、音楽機能はどうか。音楽の転送や再生、プレイリストなどに関する質問がいくつか寄せられた。

[坪山博貴,ITmedia]
photophoto ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO905i」。カラーはブラック、シャンパンベージュ、ホワイト、レッドの4色を用意する
photo 裏面にワンセグ視聴時などに使える収納式スタンドも備える

質問:対応メモリカードがmicroSDのみになったが、ATRACは対応する? microSDに保存できる?

 「SO905i」は、microSDメモリーカードへのATRACデータ保存に対応する。PCとUSB接続した時の動作を設定する“USBモード”に「microSDモード」「MTPモード」「ATRACモード」を用意する。

 「ATRACモード」でPCと接続すると、“SonicStage”などのATRACに対応する音楽転送ソフトから本機がATRACオーディオデバイスとして認識される仕組みだ。

photophoto ATRACモードに設定するとATRACファイルをPCから転送できる。筆者の試した範囲ではmicroSDカードの再フォーマットも必要なかった(左)。SonicStage上のデバイス情報。2GバイトのmicroSDを装着したSO905iが“ATRAC Audio Device”として認識される(右)

 なお、「MTPモード」はWindows Media対応オーディオデバイスとしてWindows Media Player経由で楽曲データを転送できるモード、「microSDモード」はSO905iがメモリカードリーダー代わりとなってmicroSDへPCから直接アクセスできる設定となる。

photophoto ATRACモードのほか、「microSDモード」と「MTPモード」、計3種類のUSB通信モードを切り替えて活用する
photophoto USB接続中は待受にアイコンが表示され、このアイコンを選択するとUSBモードの切り替え画面をすぐ呼び出せる。USBケーブルを接続したままモードの切り替えも可能。「MTPモード」でPCと接続すると、Windows Media Playerからオーディオデバイスとして認識されている

質問:SO903iのように、直接MP3データを再生できる?

 MP3データは、転送時にATRACやWMAに変換することなく直接再生できた。「microSDモード」でPCとUSB接続すると、SonicStageからmicroSDへMP3ファイルをそのまま転送できる。

 ポイントは、「microSDモード」に切り替えなければならない点。「ATRACモード」だと転送時にATRACに変換され、「MTPモード」でWindows Media Playerから転送するとWMAデータに変換されてしまう。

photophoto 「microSDモード」でPCに接続すると、SonicStagaeからリムーバブルメディアとして認識。MP3ファイルは変換なしにそのまま転送できる(左)。MP3はビットレート320kbpsのファイルも再生できた。わざとサンプリングレートを48KHzに設定したものも試したが、こちらも問題なく再生できた(右)

 また、PC用のメモリカードリーダーなどを使って、単体のmicroSDへ直接MP3ファイルをコピーしたものも再生できた。SonicStage利用時にMP3データが保存される「\PRIVATE\DOCOMO\MMFILE\MUSIC」下や、「\MUSIC」下に転送したMP3ファイルが認識された。ID3タグに対応するので、転送時にフォルダ構造やファイル名などに注意を払う必要もなく、ID3タグを基本にアルバム、アーティスト、曲名情報が反映されるようになっている。

 なお、PC側の「SonicStage」で認識されるのは「\PRIVATE\DOCOMO\MMFILE\MUSIC」下に保存されたMP3ファイルだけである点には注意したい。

質問:ATRACとWMA、着うたフルを混在してプレイリストを作成できる?

 SO905iは、ATRAC、WMA、MP3、着うたフル、音楽フォーマットの区別なく、それらが混在するプレイリストが作成可能。そもそも圧縮フォーマットや保存先の区別なく音楽データを管理する仕組みになっているようだ。

photophoto
photophotophoto WMA、ATRAC、MP3、着うたフルを混在して作成したプレイリスト。ユーザーは端末に保存した楽曲について、さほど意識することなく混在プレイリストが作れる

 さらに、SonicStageやWindows Media Playerで作成したプレイリストも、プレイリストとして転送すればSO905iで反映される。ちなみにSonicsStageでは、MP3データのプレイリストも(「microSDモード」で転送すると)反映できる。

photophotophoto プレイリストは、SO905iで作成する「オリジナルプレイリスト」のほか、SonicsStageから転送する「インポートプレイリスト」、Windows Media Playerから転送する「WMAプレイリスト」の3つをサポートする

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.