ニュース
» 2008年02月07日 23時25分 UPDATE

最新のHTC製スマートフォンを東京・渋谷でチェック

Windows Mobile搭載のスマートフォンを手がけるHTCが、東京・渋谷に期間限定の体験スペース「HTC LAND」をオープンした。発売が待たれる最新モデルのほか、国内未発表の海外モデルなどが展示されている。

[平賀洋一,ITmedia]
photophoto 東京・渋谷にオープンした「HTC LAND」。場所はソフトバンク渋谷の地下だ

 NTTドコモの「hTc Z」やソフトバンクモバイルの「X01HT」「X02HT」など、Windows Mobileを搭載したスマートフォンを日本で展開するHTCが、東京・渋谷に期間限定の体験スペース「HTC LAND」をオープンした。期間は2月1日から3月1日までで、時間は13時から20時まで。

 会場は文化村通り沿いのSHIBUYA109向かいにあるビルの地下1階。このビルの1階にはキャリアショップである「ソフトバンク渋谷」が入居しており、店内の階段からもHTC LANDに入れる。ソフトバンク渋谷での待ち時間を利用して、HTC LANDに訪れる人も多く見受けられた。

photophoto 店内にはHTC製スマートフォンやアクセサリー、周辺機器などを展示している

yo_htc04.jpgyo_htc05.jpg 1月28日に発表された「X03HT」(左)と「X02HT」のデコレーションモデル(右)

yo_htc06.jpgyo_htc07.jpgyo_htc08.jpg ソフトバンクの「X01HT」「X02HT」だけでなく、SIMロックフリーの「Advantage X7501」「P3600」も触ることができる。通信は無線LANを使用していた

yo_htc09.jpgyo_htc10.jpg 日本初公開の「HTC Touch Cruise」

 HTC LANDの会場では、X01HT/X02HTやSIMロックフリー端末「Advantage X7501」「P3600」の実機によるタッチ&トライに加え、先日発表された「X03HT」やドコモ向け「HT1100」といった次期発売モデルや、HT1100のベースとなった「HTC Touch」、後継機種の「HTC Touch Cruise」など海外モデルの展示も行われている。特にHTC Touch Cruiseは「日本初公開」(HTC広報)ということで、実機を目にできる貴重な機会と言えるだろう。

yo_htc12.jpgyo_htc13.jpgyo_htc14.jpgyo_htc15.jpg スマートフォン用の周辺機器も多数展示。こうした製品は携帯電話ショップや家電量販店ではあまり取り扱われないため、実物を確認して購入できるのは貴重な機会

yo_htc16.jpgyo_htc17.jpg 毎週土曜日の午後には、スマートフォンについての講習会も開催。お勧めソフトである「辞書ウォーカー」のデモも行われ、最後にはソフト争奪のジャンケン大会が行われた

 そのほか、Windowsケータイの活用に欠かせないアクセサリーや周辺機器、ソフトウェアの展示と販売も実施。タッチ&トライ用の端末には、HTC LANDお勧めのソフトがインストールされており、動作を試すことができる。

 HTC LANDにはHTCスタッフのほか、HTC製品のユーザーサイト「htc Fan Site」の有志らも常駐しており、端末の操作方法や製品の選び方などをアドバイスしてくれる。また毎週土曜日の午後には、「わかる!スマートフォン」と銘打った講習会を開催しており、テーマに沿ったスマートフォンの活用術や各種ソフトのデモも行っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう