速報
» 2008年02月08日 21時01分 UPDATE

アクロディア、BREWプラットフォーム向けにOpenKODE 1.0 APIライブラリを移植

[ITmedia]

 アクロディアは2月8日、QUALCOMMが全世界に向け提供しているMobile Station Modem(MSM)チップセットとBREWプラットフォーム環境向けに、アクロディアが開発するOpenKODEソリューションを移植したことを発表した。

 OpenKODEは、携帯電話などの組み込み機器向けにメディア機能を提供するために、標準化団体のKhronos Groupが策定したAPIセットで、グラフィックスや動画、音声などのマルチメディア機能を、ハードウェアやOSが異なる環境で実行させることが可能となるAPI仕様。OpenKODEの実行環境を用意することで、異なるプラットフォーム間で同じミドルウェアやアプリケーションソフトウェアを動作させることができる。

 アクロディアは、OpenKODEプロジェクトのコアメンバーとして、開発・普及に取り組んでおり、世界にさきがけてOpenKODE 1.0仕様に対応したOpenKODE 1.0 API実装ライブラリの提供を行っている。

 今回、QUALCOMMが提供するMSMチップセットによるリファレンスシステムおよびBREW環境に、アクロディアのOpenKODE 1.0 API実装ライブラリを搭載することで、BREWプラットフォーム以外で開発されたミドルウェアやアプリケーションソフトウェアの移植性を高めることが可能になる。同社は今後、QUALCOMMの最新MSMチップセットとBREW4.0への対応も進めていくという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう