インタビュー
» 2008年02月08日 23時39分 UPDATE

開発陣に聞く「N905iμ」:“薄さ=NECらしさ”で攻める――「N905iμ」開発の裏側 (1/2)

12.9ミリという薄さを実現し、90xiシリーズで初のμ端末となったN905iμ。Link Face Designやアークラインをイメージさせるスタイリッシュな極薄モデルは、どのように開発されたのか。担当者に話を聞いた。

[房野麻子(聞き手:平賀洋一),ITmedia]

 厚さ12.9ミリを実現し、90xiシリーズ初の“μ”ブランドを冠する端末となったN905iμ。ワンセグは非搭載ながら、3インチのフルワイドVGAディスプレイ、FOMAハイスピード、GPS、国際ローミング(3G/GSM)、おサイフケータイなどハイエンド端末にふさわしい多機能ぶりを見せる。ハイエンドモデルながら、薄くスタイリッシュで、使いやすさを兼ね備えたN905iμはどのように開発されたのか。N905iμの商品企画を担当したNEC モバイルターミナル事業本部の二滝孝氏に話を聞いた。

photo N905iμはGraphite Black、Opal White、Venus Gold、Bourgogne Redの4色をラインアップしている。特にこだわった部分が背面パネルの塗装だという

2方向からアプローチしたデザイン

photo NEC モバイルターミナル事業本部 商品企画部 二滝孝氏

 N905iμと「N905i」は同じNTTドコモの2007年冬モデルとして発表されたため、同じ“N”端末として、ツートーンカラーを採用したデザインなど全体的な印象を似せている。しかし、細かいディティールを見ると、N905iが背面パネルに金属を使ってテクスチャーの違いを出しているのに対し、N905iμはカラーごとに異なる深みのある塗装で仕上げている。

 また、N905iがスクエアフォルムでハードな印象であるのに対し、N905iμは丸みのあるすっきりとしたフォルムで、エレガントな印象を与えている。「N900i」から「N903i」まで採用されていた“アークライン”や“Link Face Design”といったデザインコンセプトを継承しているといえるだろう。

photophoto 本体を開いた状態では背面からヒンジは見えず、すっきりとしたラインを描く。「ヒンジ部分をできるだけ隠そうという狙いです。一体感があり、それがN端末の特徴であった、Link Face Designやアークラインをイメージさせると思います」(二滝氏)

 二滝氏は、「N905iμは、全体のフォルムから細かいディティール、そして質感を左右する表面仕上げなどを重視して開発しました。ハイエンドな90xシリーズの中でも、デザインやサイズを重視する方にお勧めしたいですね」と説明する。

 特に背面パネルは、ソリッドカラーを使うのではなく、偏光させたり、粒子を入れたりして深みや立体感を表現した。初めてN905iμを見た人が「これは漆塗りですか?」と聞くこともあったという。化粧品のボトルをイメージした外観と合いまって、従来とは違った高級感を演出している。

 「今回用意した4色カラーバリエーションは、どれも表情のある色味です。NECとして初の試みという部分があり、一味違った色を表現するために苦労しました。ややおとなしめのデザインかもしれませんが、性別や世代を問わずに使っていただけると思います」(二滝氏)

photo N905iμのダイヤルキー。各キーの下に棒状の突起が配置されている。ソフトバンクモバイル向けの「705N」「706N」で採用されたものと似ている。突起は緩やかなカーブを描いており、その半径は本体先端部と同じ

 N905iμはダイヤルキーにシートキーを採用した。キーは1つ1つが独立した形状ではなく、棒状の突起で区分されている。この突起が描くカーブの半径は、本体先端部の丸みと同じだ。外観だけでなく内面の各所にもラウンド形状をあしらうことで、デザインに統一感を出し高級感も演出した。

 しかし、シートキーは人によって好き嫌いがあるのも事実。NECも70xiシリーズでシートキーを採用しているが、これまでに“押しにくい”“キー自体が小さい”という不満が寄せられたという。そこで、N905iμではキーのサイズを大きくし、これまで以上にクリック感が感じられるようにしたという。

 内蔵コンテンツは、N905iシリーズの裏コンセプトである「Cool Japan」に沿って、華道家・假屋崎省吾氏の作品によるオリジナル待受画像などを内蔵している。

photophoto N端末で定番のディズニーコンテンツを内蔵。“大人な”N905iμのイメージにあわせたいと、ディズニー側から「クラシックミッキー」の採用を提案されたという。メインメニューは珍しい回転式だ

photophoto Graphite Blackで設定されているきせかえツールのテーマは星座。待受画面には月に合わせて12星座が表示される。液晶画面の下からキラキラとわき上がる光は、電波強度の度合いを表している。強度が高いほど光の量も多くなり、圏外では出てこなくなる

photophoto Venus Goldのきせかえツールでは、端末を開くと詩の一節がランダムで表示される。N704iμにも同様の機能があったが、今回はフランス語になっている

 假屋崎省吾氏によるオリジナル壁紙は、構図や花をすべて假屋崎氏が手掛けたもの。「VGA液晶のディスプレイをきれいに見せたいという狙いから、うちの技術者も立ち会って、チェックしながら撮影を進めました。假屋崎さんには奇抜なアイデアを出していただき、かなりノって作っていただきました。青い部分は本物の木です。カリヤザキブルーといわれている色だそうです」(二滝氏)

photo 華道家・假屋崎省吾氏によるオリジナル壁紙
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう