ニュース
» 2008年02月12日 03時58分 UPDATE

Mobile World Congress 2008:Android端末もOK、マルチプラットフォーム対応の「顔認識AF」技術──NECブース

NECは参加するLiMo対応端末のほか、同社のモバイル端末向け技術などを展示。N905iに搭載したような携帯カメラ用顔認識機能などをAndroidやSymbian、Windows Mobileなど、OSを問わずに搭載できるマルチプラットフォーム対応ソリューションなどをアピールする。

[岩城俊介,ITmedia]

 Mobile World Congress 2008のNECブースは、ドコモの「N905i」「N905iμ」「N705i」「N705iμ」といったLiMo対応端末のほか、N905iに採用した顔認識AFを他OSを採用する端末にも搭載できるようにするマルチプラットフォーム技術、フェムトセル(家庭内などに設置可能な小型の携帯基地局)を用いたソリューションなどの展示が行われている。

photophoto Mobile World Congress 2008 NECブース
photophoto NECのドコモ向け新・現行機種(N905i、N905iμ、N705i、N705iμ)を展示。説明員によると、デザイン性に富む“amadanaケータイ”N705iが、自分の国で買えるのか否かという意味で「これ、(どこで)売ってるの?」と質問されることが多いようだ
photophoto マルチプラットフォーム対応顔認識カメラのデモ
photo 顔認識技術は「Medity」と呼ぶ、NECエレクトロニクスの通信技術とアプリケーション技術を統合し、3G携帯電話開発を効率化するソリューションの一環。新世代のMedity2は、W-CDMA以外にGSMやGPRS、EGPRS、7.2Mbps HSDPAなどの通信規格にも対応し、8MピクセルカメラのI/Fをサポートする
photophoto
photophoto Android、Linux、Windows Mobile、Symbian、それぞれのOSで同じように顔認識AFを制御可能。この技術により、携帯やスマートフォンの顔認識AFカメラ搭載率も増えそうだ
photo  

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.