ニュース
» 2008年02月12日 08時14分 UPDATE

Mobile World Congress 2008:Nokia、歩行時のナビ機能を追加した「Nokia Maps 2.0」β版

歩きながらの使い勝手を考慮したナビ機能を追加した「Nokia Maps 2.0」が発表された。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaは2月11日、Mobile World Congress 2008において、携帯端末向け地図情報サービスの新バージョン「Nokia Maps 2.0」のβ版を発表した。同日発表した新モデルにも搭載されている。

yu_maps.jpg

 Nokia Maps 2.0では、運転時のナビ機能「Drive」に加え、歩きながら利用する場合の「Walk」が追加された。周辺の建物や通り、公園などの情報を提供、ユーザーが現在位置を確認し、目的地へ迷わずに到達できるよう案内するという。また同日発表されたMaps 2.0搭載の新携帯端末「Nokia 6210 Navigator」は、内蔵コンパスで現在向かっている方角を示す。

 Nokia Maps 2.0では、写真、ビデオ、音声などのマルチメディアガイドをオプションで購入可能になった。同じく有料オプションで、欧州18カ国でリアルタイム交通情報が利用できる。現時点では17都市限定の、地下鉄乗り換え情報も提供する。

 またNokiaは第1四半期中に、Nokia Series 40プラットフォームを搭載した端末でもNokia Maps 2.0を利用可能にする計画。

関連キーワード

Nokia(ノキア) | 地図 | 路線検索


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう