ニュース
» 2008年02月12日 16時28分 UPDATE

ドコモ、「Cyber-shotケータイ SO905iCS」を2月15日に発売

NTTドコモはソニー・エリクソン製のデジカメ端末「Cyber-shotケータイ SO905iCS」を2月15日に発売する。有効510万画素CMOSやAF+手ブレ補正付きの光学3倍ズームレンズ、自動シャッターの「スマイルシャッターLite」を搭載する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「Cyber-shotケータイ SO905iCS」。ボディカラーはSILVER、PINK、WHITEの3色

 NTTドコモは2月12日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Cyber-shotケータイ SO905iCS」を2月15日に発売すると発表した。

 SO905iCSは、ソニーの「Cyber-shot」ブランドを冠した日本初の携帯電話。有効510万画素CMOSとAF+手ブレ補正付きのリニア光学3倍ズームレンズ、高輝度LEDフラッシュ、被写体となる人物の顔を検出して明るさを自動調整する「顔キメLite」、人物の笑顔を検出して自動シャッターを切る「スマイルシャッターLite」など、本格的なカメラスペックを持つ。CMOSセンサーは、ソニーが独自開発したCMOSセンサー「Exmor(エクスモア)」を採用する。

 そのほか、360度パノラマ撮影や、決定的な一瞬を逃さず連続撮影する「BestPic」、着うた/着うたフルをBGMにしたスライドショー形式で再生する「音フォト」や、3センチの至近距離で撮影できるマクロモード、SNSやブログなどへの簡単投稿機能といった便利な機能を備えた。撮影した写真にGPS情報を埋め込み、付属のPCソフトで地図上に写真をマッピングすることもできる。

 HSDPA、FOMAプラスエリア、1.7GHz対応のほか「WORLD WINGR(3G+GSM)」をサポート。海外で撮影した写真もメール送信が行える。そのほか、フルブラウザやドキュメントビューア、WMA対応音楽プレーヤーを搭載した。

 主なスペックは以下の通り。

「Cyber-shotケータイ SO905iCS」の主なスペック
機種名 SO905iCS
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×113×24ミリ
重さ 約145グラム
連続通話時間 約220分(テレビ電話:約120分)
連続待受時間 約520時間(静止時)
アウトカメラ AF付き有効510万画素CMOS
インカメラ 有効32万画素CMOS
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)
メインディスプレイ 2.7インチワイドワイドVGA(480×864ピクセル)液晶
サブディスプレイ
主な機能 WORLD WING(3G+GSM)、GPS、FOMAハイスピード、メガゲーム、直感ゲーム、フルブラウザ、緊急速報「エリアメール」、WMA対応ミュージックプレーヤー、ビデオクリップ(10MB iモーション)、ドキュメントビューア ほか
ボディカラー SILVER、PINK、WHITE

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.