速報
» 2008年02月12日 23時10分 UPDATE

ACCESS、「ACCESS Linux Platform」の開発キットを提供

[ITmedia]

 ACCESSは2月12日、開発者向けのポータルサイトを開設し、Linuxベースのソフトウェアプラットフォーム“ACCESS Linux Platform”のアプリケーション開発キット(SDK)と関連ツールをセットにした、「ACCESS Linux Platform Development Suite」を提供すると発表した。

 ACCESS Linux Platformは、携帯端末向けに特化して設計されたソフトウェアプラットフォーム。2006年8月にフランステレコムの携帯電話事業ブランドOrangeの認定プラットフォームに指定されており、同プラットフォームが初搭載されたOrangeのSamsung製Linux端末「i800」は、年内にも提供が開始される予定だ。開発スイートは、アプリケーションの開発に必要な全てのオープンソースベースの開発ツールを統合・拡張しており、すでにOrange向けにACCESS Linux PlatformのOrangeオペレーターパックを提供してしているという。

 今回、開発者向けのコミュニティ『ACCESS Developer Network(ADN)』を通じ、開発者やADNに登録しているすべての会員にACCESS Linux PlatformのSDKを配布する。新規開設したポータルサイトからは、開発スイートのほか、Garnet OSとの互換レイヤーであるGarnet VMを含むGarnet VM互換性キットを提供する。これによりGarnetアプリケーションの開発者は、ネットワークに接続していない環境でもACCESS Linux Platformとの互換性を確認することが可能になる。

 なおACCESSは、同社のグローバルパートナープログラム「ACCESS Connect Ecosystem」が、2007年2月の設立以来1年で、参加企業、団体が85社となったことを発表した。

 ACCESS Connect Ecosystemには、通信や家電、メディアなど、各業界の企業が参加しており、パートナー企業はACCESS Linux Platform、携帯端末/情報家電向けブラウザ「NetFront Browser」、DLNAガイドライン1.5に対応したホームネットワーク対応機器向けミドルウェア「NetFront Living Connect」など、ACCESSの統合プラットフォームやソリューションを活用することができる。

関連キーワード

Linux | SDK | DLNA | ミドルウェア


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう