ニュース
» 2008年02月14日 19時17分 UPDATE

アッカ、固定と無線のブロードバンド網を融合する戦略を発表

アッカ・ネットワークスは固定と無線のブロードバンド回線をシームレスに提供する戦略を発表した。まずはNTTコミュニケーションズの無線LAN、ウィルコムのPHS、ドコモのHSDPA網を利用する。

[ITmedia]

 アッカ・ネットワークスは2月14日、固定と無線のブロードバンドを融合する戦略を発表した。ADSL、FTTH、無線LAN、WiMAX、HSDPA、PHSなどをアクセスラインに採用しシームレスに接続できるサービスを提供する。

 まずは、NTTコミュニケーションズおよびウィルコムと共同で具体的なサービス内容の検討を進める。アッカでは1つの例として、アッカのADSL、NTTコミュニケーションズの公衆無線LAN接続サービス「ホットスポット」、ウィルコムのPHSがシームレスに利用できるサービスを挙げている。1つの端末やIDで、家庭やオフィス、外出先などさまざまな場所で適切なネットワークに自動的に接続できるような環境を目指す。

 アッカは同日、MVNOによるHSDPA網の調達に関してドコモと基本合意に達したことも発表した。このHSDPA網をアッカの企業向けインターネット接続サービスやIP-VPNのアクセスラインとして利用する。

 そのほか、アッカはトリップレットゲートとの無線LAN接続サービスに関する共同検証、各地のCATV事業者が提供を予定している固定系WiMAXの支援も計画している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう