ニュース
» 2008年02月15日 14時24分 UPDATE

ウィルコム、山形県本合海地区でのW-OAMサービスを開始

ウィルコムは、山形県新庄市本合海地区の高度化PHS(W-OAM)環境整備を終え、2月16日より本格サービスを開始する。日本初の30メートル鉄塔基地局により、半径約4〜5キロメートルという広範囲をカバーする。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは2月15日、山形県新庄市の本合海地区で進めていた高度化PHS(W-OAM)での環境整備について、2月16日より本格サービスを開始すると発表した。

 山形県情報企画課、最上総合支庁、新庄市は2007年7月、同地区(八向中学校を中心とする集落地域、本合海小学校を中心とする集落地域)が地理的条件によって情報教育の前提となる通信インフラが整備されておらず、デジタルデバイドによる教育機会の平等が損なわれているとして、高度化PHSによるサービス提供をウィルコムに要望を行っていた。

 これに対しウィルコムは、エリア調査などを経て同地区での高度化PHSエリア整備を決定し山形県知事に回答(2007年9月の記事参照)。2007年12月に東北総合通信局から基地局設置免許を取得し、準備を進めていた。

photophoto 本合海地区に設置されたウィルコムの30メートル鉄塔基地局。次世代PHSにも対応しており、2009年の次世代PHSサービス開始後には最大20Mbpsの高速通信を提供できる

 同地区に設置された高度化PHS基地局は、商用としては日本初の30メートル鉄塔基地局で半径約4〜5キロメートルという広範囲をカバー。一般サービス用アンテナのほか、八向中学校校舎へ指向したアンテナも備えている。また、基地局回線のIP化にも対応した。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう