ニュース
» 2008年02月18日 16時43分 UPDATE

社内のグループウェアやメールがソフトバンク携帯で使える法人向けソリューション

ソフトバンクBBとソフトバンクモバイルは、社内システムのIBM Lotus NotesやMicrosoft Exchange、desknet's、サイボウズなどのグループウェア、POPとIMAPによるメールがソフトバンクモバイルの3G端末から利用できるソリューションを開始する。

[安達崇徳,ITmedia]

 ソフトバンクBBとソフトバンクモバイルは2月18日、ソフトバンクモバイルの3G端末から社内システムのグループウェアやメールが利用できるソリューション「CACHATTO(カチャット) for SoftBank」を3月3日に開始すると発表した。

 同ソリューションは、いいじゃんネットが運営する法人向けモバイルソリューション「CACHATTO」をソフトバンクモバイルの法人ユーザー向けに提供するもの。社内システムに設置したIBM Lotus NotesやMicrosoft Exchange、desknet's、サイボウズなどのグループウェアと、POP、IMAPによるメールが携帯電話から利用できる。

 これらの機能は、ソフトバンクモバイル端末のWebブラウザまたはS!アプリから利用できる。特にS!アプリでは、端末にメールやスケジュールのキャッシュを残さず、画面メモも不可といったセキュリティを強化するほか、タブにより3画面まで同時に利用できるなど利便性の高さも特徴とする。

 CACHATTO for SoftBankの価格は、30ユーザーの場合、ソフトウェアライセンスは初年度が51万4080円、次年度以降は年額24万1920円、ハードウェアとセットにしたアプライアンスモデルは初年度が45万2000円、次年度以降が年額28万8000円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう