ニュース
» 2008年02月18日 18時38分 UPDATE

携帯販売ランキング(2月4日〜2月10日):携帯春商戦、じわじわ開始──でも、最も売れているのは2007年モデル (1/2)

新生活向けのテレビCMを頻繁に目にするようになってきた2月も半ば、2008年春商戦向けの新機種もかなりそろってきた。注目の新機種は何位に入ったか、現在、どの機種が一番売れているのか。早速、今回の販売ランキングをチェックしていこう。

[岩城俊介,ITmedia]
順位キャリア総合NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
1(1)P905i
(NTTドコモ)
(1)P905i(2)W52SH(1)810P
2(3)W52SH
(au)
(4)N905i(1)EXILIMケータイ
W53CA
(2)812SH
3(2)EXILIMケータイ
W53CA
(au)
(5)らくらくホンIV(3)Woooケータイ
W53H
(3)920SH
4(4)Woooケータイ
W53H
(au)
(2)P705i(4)W53K(4)THE PREMIUM
821SH
5(10)W53K
(au)
(3)SH905i(14)W54S(5)GENT 812SH sII
6(8)N905i
(NTTドコモ)
(8)SH704i(5)W61CA(8)814T
7(54)W54S
(au)
(9)F905i(6)AQUOSケータイ
W61SH
(6)fanfun. 815T
8(9)らくらくホンIV
(NTTドコモ)
(6)SH905iTV(8)W55T(10)THE PREMIUM
820SH
9(15)W61CA
(au)
(7)N705i(15)W56T(9)911T
10(6)P705i
(NTTドコモ)
(10)D905i(9)INFOBAR 2(7)705Px

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2008年2月第2週)

705iシリーズ、登場2週目でやや失速──次回、“Cyber-shotケータイ”登場予定

Photo P905i

 今回のドコモ販売ランキングは10機種中9機種に順位の入れ替えがあり、やや大きな動きとなった。

 首位は、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P905i」が獲得。P905iのみ今回のランキングで唯一変動がなく、依然、高い人気を維持している。

 続いてNEC製の「N905i」と富士通製の「らくらくホンIV」がそれぞれ4位から2位、5位から3位にやや大きく浮上した。このほか、シャープ製の「SH704i」(2007年7月発売)が8位から6位、富士通製の「F905i」が9位から7位に順位を上げている。

 ただ、キャリア総合ランキングを見るとドコモ端末の勢いはそれほど確認できない。2007年11月の905iシリーズ発売週で実に9割を占めていた総合ランキングは、首位を維持するP905i以外の端末が下位に甘んじてしまっている。

 2008年春商戦モデルの「705iシリーズ」は前回と変わらず、パナソニック モバイル製の“最薄ワンセグ”「P705i」とNEC製の“amadanaケータイ”「N705i」の2機種がランクイン。これらは前回の順位からそれぞれ2つずつ順位を下げたものの、TOP10圏内には残っている。対して、いくつか発売されたこのほかの705iシリーズは、残念ながらランクインできずにいる。

 さて、今後は15日からデジカメ機能に特化した「Cyber-shotケータイ SO905iCS」や9.8ミリ極薄の「P705iμ」「N705iμ」、カジュアルなボディが特徴のワンセグ「SH705i」などが登場する。前人気の高かったCyber-shotケータイ SO905iCSは果たして何位に入ってくるか、新たに登場する705iシリーズはランキングにどう食い込めるかなどに注目したい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.