ニュース
» 2008年02月27日 20時41分 UPDATE

漫画の主人公気分になれる……かも:写メがコミック風のイラストに――テトテの「似顔絵自動生成エンジン」

ケータイカメラで撮った顔写真がコミック風のイラストに――。テトテとKAYACが、似顔絵自動生成エンジンを開発した。顔写真をメールで送信するとコミックテイストのイラストに変換され、ブログやSNSに貼り付けたり、友達とやりとりして楽しめる。

[ITmedia]

 テトテは2月27日、面白法人KAYACと共同で「似顔絵自動生成エンジン」を開発したと発表した。

 似顔絵自動生成エンジンは、ケータイカメラで撮影した顔写真を、マンガ風の似顔絵に変換するシステム。似顔絵生成エンジンが送信された顔写真の目や口などのパーツを解析し、登録された似顔絵パーツから最も似ているパーツを抽出して似顔絵を生成する。有名な漫画家のイラストをパーツとして採用すれば、その漫画家の画風に合わせた似顔絵も生成できる。

Photo 似顔絵自動生成エンジンの利用イメージ。有名な漫画家が参加すれば、人気コミックの登場人物気分を味わえるかもしれない

 ユーザーはこの似顔絵をSNSのプロフィールに貼り付けたり、メールに添付して送ったりして楽しめる。また自分の携帯のプロフィールに登録しておくことで、赤外線などでのプロフィールの送信時に、イラストを表示させることもできる。

 テトテとカヤックは今後、企業のプロモーションサイトやキャンペーンサイトへの組み込みを提案するとしている。また、同エンジンを活用したSNSサイト「P組(仮称)」を3月にスタートし、似顔絵を軸にしたコミュニティサイトを構築する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.