レビュー
» 2008年03月03日 22時38分 UPDATE

「N705i」ロードテスト第4回:ワンセグはどこまで“使える”か――「N905i」のワンセグ機能と比較

N705iは「amadanaケータイ」として、そのデザインが高い注目を集めているが、905iに迫る多彩な機能を搭載するのも大きな特徴。ロードテスト第4回では、ワンセグ機能をチェックした。

[田中聡(至楽社),ITmedia]
photo “amadanaケータイ”「N705i」

 「N705i」は、NECケータイとしては「N905i」に次ぐ2機種目のワンセグ対応機であり、基本的な仕様や操作性はN905iを継承している。ただし、N905iで利用できる番組録画、予約録画、タイムシフト再生、ワンセグ効果(音質の設定)には対応しない。なお、連続視聴時間は約4時間40分、ECOモード設定時は約5時間50分だ。

 N705iはN905iのようにワンセグ起動用のキーは搭載していないが、「chキー設定」で「ワンセグ」を設定すると、待受け時に[ch]キーの短押しでワンセグが起動する。また、デスクトップアイコンに登録された「ワンセグ」アイコンを選択するのも有効だ。

 ワンセグの操作は、上下キーで音量調節、左右キーでチャンネル変更、決定キーで横画面と縦画面の切り替え、通話キーでデータ放送とテレビ操作の切り替えが可能。縦横どちらでもキーの割り当ては同じだ。

photophoto メールキーの短押しで受信BOX・長押しで新規作成画面の呼び出し、iモードキーから「Gガイド番組表リモコン」の呼び出し、MENUキーの短押しで(起動中の)タスク一覧、長押しで待受画面の呼び出し、[ch]キーから機能メニューの呼び出しが可能(左)。ワンセグを横画面表示。N705iは240×427ドットのフルワイドQVGA液晶なので、アスペクト比(映像の縦横比率)が16:9の映像もフル表示できる(右)

photophotophoto ワンセグの機能メニュー一覧(左)。ワンセグの画質設定や音質設定は用意されていないが、明るさの変更は可能(中)。ディスプレイの輝度を低くするなどし、消費電力を抑える「ECOモード」を利用できる(右)

photophotophoto 内蔵アプリの「Gガイド番組表リモコン」を利用すれば視聴予約が可能(左)。MENU→「ワンセグ」→「視聴予約リスト」→「新規」から手動で視聴予約することもできる(中、右)。視聴予約は最大100件まで登録できる

 N705iはワンセグ用のアンテナを内蔵しており、アンテナを伸ばさずにテレビを視聴できる。受信感度が気になるが、手元にあったソフトバンクの「912SH」と「912T」を使い、東京都練馬区で数回ワンセグを起動したところ、912SHと912Tではワンセグを受信できたが、N705iでは受信できない(映像が表示されない)ことが多かった。N705iは窓際にケータイを置けばおおむね受信できたが、それでも不安定な受信状態だった。

 ワンセグ視聴中に起動できる機能は、メール、iモード、フルブラウザ、スケジュール、アラーム、ライフヒストリービューア、テキストメモ、電卓、アドレス帳、辞典、データBOXのマイピクチャなど。これらの機能は、ワンセグの音声をバックグラウンドで再生しながら利用できる。ワンセグのほかに起動できる機能は最大3つで、それ以降は3つ目の機能と入れ替わる形で呼び出せる。

 最近は、ワンセグの映像を表示させながらメールやWebを閲覧するといった「マルチウィンドウ」に対応した機種が多いが、N705iはマルチウィンドウには非対応。N905iはワンセグ映像とメール画面(新規作成、受信メール)の同時表示ができるが、N705iはワンセグ視聴中にメールを起動すると、メール画面のみに切り替わる。

 カメラ、バーコードリーダー、赤外線通信、ロック設定などは、ワンセグと同時には起動できない。「地図アプリ」や「海外旅行便利ツール」などのアプリは起動できたが、ワンセグの音声は一時停止してしまう。

photophotophoto ワンセグ視聴中にMENUキーで「MULTI」を選び、もう一度MENUキーを押すとメインメニューが表示され、ここから機能を選択できる。ほかの機能に切り替えるには、MENUキーを押して起動中のタスク一覧を呼び出し、左右キーで選択すればよい。右の写真では、ワンセグ、iモード、受信BOX、スケジュールを起動している

 ワンセグ視聴中に電話の着信があると、ワンセグは一時停止し、終話するとテレビが再開する。タイムシフト再生機能はないので、中断されたシーンにさかのぼって再生することはできない。一方、ワンセグ視聴中にメールを受信すると、アドレス帳に登録したメールの差出人の名前とメールの件名をテロップ表示し、ワンセグが中断することはない。この機能を利用するには、MENU→「各種設定」→「ディスプレイ」→「クイックインフォ設定」から設定しておく必要がある。

photophoto ワンセグ起動時に電話が着信するとワンセグは中断し、終話すると再開する

photophoto 「クイックインフォ設定」で「送信元のみ表示」または「送信元と題名を表示」にしておく(左)。メールを受信すると、送信者と件名がテロップ表示される(右)。なお、クイックインフォを設定していない場合、新着メールのアイコンのみが画面上部に表示される

 このように、N705iのワンセグはシンプルなもので、N905iのような予約録画や画質調整といった機能は備えていない。スタンダードな705iシリーズに搭載されるだけでに、あくまでオンエアを視聴することが目的と言えるだろう。

 また、デザインを優先させるためか、ワンセグのアンテナは内蔵式になっている。室内など電波が到達しにくいシチュエーションでは、ロッドアンテナを搭載する端末に比べて不利な印象だ。N705iのワンセグは、積極的に使うこともできるが、駅での待ち時間などちょっとした時に“あって良かった”と思える機能と言えそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.