ニュース
» 2008年03月07日 20時52分 UPDATE

携帯販売ランキング(2月25日〜3月2日):auの春モデル新機種が上位浮上、ソフトバンクのハイエンド新機種も登場 (1/2)

ドコモはほぼ投入完了、auとソフトバンクモバイルはハイエンド機種の発売を控える2008年の携帯春モデル。3月に入り、携帯春商戦の状況はどう変化してくるのか。今、どの機種が売れているのか。早速、今回の販売ランキングをチェックしていこう。

[岩城俊介,ITmedia]
順位キャリア総合NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
1(1)P905i
(NTTドコモ)
(1)P905i(2)Woooケータイ
W53H
(1)812SH
2(3)Woooケータイ
W53H
(au)
(2)らくらくホンIV(6)W61CA(5)814T
3(8)W61CA
(au)
(3)SH905i(5)AQUOSケータイ
W61SH
(4)GENT 812SH sII
4(7)AQUOSケータイ
W61SH
(au)
(4)N905i(4)W53K(-)920P
5(5)W53K
(au)
(7)F905i(1)W52SH(2)810P
6(6)らくらくホンIV
(NTTドコモ)
(5)P705i(3)EXILIMケータイ
W53CA
(3)920SH
7(2)W52SH
(au)
(8)SH704i(8)W54S(6)THE PREMIUM
821SH
8(4)EXILIMケータイ
W53CA
(au)
(11)N705i(7)W61K(10)911T
9(9)812SH
(ソフトバンクモバイル)
(9)D905i(9)W61P(9)THE PREMIUM
820SH
10(10)SH905i
(NTTドコモ)
(10)SH905iTV(10)W55T(8)fanfun. 815T

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2008年3月第1週)

変動はやや停滞──P905iとらくらくホンIVが変わらず人気

Photo P905i

 今回のドコモ販売ランキングは大きな変動は見られず、下位に順位の入れ替えが若干ある程度に留まった。

 首位は前回と変わらず、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P905i」が獲得。P905iは2007年11月末の発売以来13週連続でランクインし、うち12週で首位(2位は1回)を確保するほどの人気モデルに成長した。

 続いて2位に富士通製のユニバーサル端末「らくらくホンIV」、3位にシャープ製の「SH905i」、4位にNEC製の「N905i」、5位に富士通製の「F905i」(前回7位)が入った。

 今回順位を上げた端末は、5位のF905i、7位のシャープ製「SH704i」(前回8位。2007年7月発売)、8位のNEC製「N705i」(前回11位)の3機種。春モデル「705iシリーズ」を含む、70xシリーズはパナソニック モバイル製の「P705i」(今回6位)とN705i、そして2007年夏モデルのSH704iの計3機種が入っている。SH704iより新しい、シャープ製の「SH705i」を含め、P705iとN705i以外の705iシリーズがランクインできない状況は変わらない。

 705iシリーズの新機種は、ドコモ端末で初となる7.2Mbps通信に対応するLG電子製“Shine Phone”「L705iX」(3月8日発売)やヨーロピアンデザインと国際ローミングが特徴のノキア製「NM705i」などの登場も控えている。そろそろ春商戦も佳境に入る時期だが、この先、どのような変動が見られるだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう