ニュース
» 2008年03月13日 16時52分 UPDATE

京セラ、「HONEY BEE」用アップデートソフト公開

京セラは、ウィルコム向けPHS端末「HONEY BEE」のアップデートソフトを公開した。バージョンアップにより、一部WEBページの動作安定性を向上させる。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「HONEY BEE」。今回のアップデートが必要なのはホワイト/ブラック/ピンクの3色のみ

 京セラは3月13日、ウィルコム向けのストレート端末「HONEY BEE」のアップデートソフトを公開した。

 アップデートソフトの対象は、2月20日に発売したホワイト/ブラック/ピンクの3モデルで、一部WEBページの動作安定性を向上させる。イエローとブルーモデルは、すでに最新ソフトになっているためバージョンアップの必要はない。

 アップデートは端末単体で行う。所要時間は、通信環境によって異なるが、ソフトウェアのダウンロードに約5分、ソフト更新に約30分の計35分程度。作業中は、緊急通報を含むすべての操作が行えない。更新にかかる情報料、通信料は無料となっている。

関連キーワード

HONEY BEE(WX331K) | ウィルコム | 京セラ | PHS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう