ニュース
» 2008年03月17日 15時30分 UPDATE

GPS搭載の「らくらくホンIV」がバリューコースに対応──「らくらくホンIVS」

らくらくホンの最上位モデル「らくらくホン プレミアム」の登場に合わせ、らくらくホンIVもバージョンアップを果たし、「らくらくホンIVS」として発売する。

[園部修,ITmedia]
Photo 「らくらくホンIVS」は、バリューコースで端末を購入することが可能。ボディカラーはゴールド、ピンク、ダークブルーの3色

 NTTドコモは3月17日、従来の「見やすさ」「聞きやすさ」「使いやすさ」といった基本的な機能を追求したFOMA端末「らくらくホンIV」のマイナーバージョンアップモデル、「らくらくホンIVS」を発表した。

 らくらくホンIVSは、GPSを搭載し、音声入力によるルート案内が可能なナビソフトが利用可能なほか、位置情報サービス「イマドコサーチ」と連動する機能を用意するなど、らくらくホンIVの最新機能を継承。周囲の環境に合わせて通話相手の声を強調する「スーパーはっきりボイス」や、自分の声を強調して伝える「はっきりマイク」、通話中の相手の声を自動で録音する「おまかせ通話音声メモ」や、着信時に相手の名前を読み上げる機能なども備え、従来どおりの使いやすさを提供する。

 ボディサイズや、2.6インチのQVGA(240×320ピクセル)表示対応ディスプレイを搭載するなど、基本的な部分も従来のらくらくホンIVと変わらない。

 一方、季節ごとに風景が切り替わるなど、細かな仕掛けがあるハイセンスなFlash待受や美しい待受画面を新たに用意した。ボディカラーもピンク、ゴールド、ダークブルーとなる。なお、従来のらくらくホンIVではできなかった、バリューコースでの端末購入可能になるのも特徴の1つだ。

photophoto 「らくらくホンIV」と「らくらくホンIVS」の一番の違いはカラーバリエーション。らくらくホンIVのシルバー、ピンク、ネイビーという色が、ゴールド、ピンク、ダークブルーになった。ゴールドは歴代らくらくホンを通じて常に売れ筋にカラーだという

photophoto らくらくホンIVSの背面(左)と裏面(右)。カラーバリエーション以外の変更点はない

photophoto 端末の左側面(左)と右側面(右)

photophoto 先端部(左)とヒンジ部(右)

photophotophoto ソフト面で変わったのは、待受画面の内容(左)。季節によって画像や背景の景色が変わる「器」というフラッシュ待受を追加したほか(中央)、カラーごとの待受画面も差し替えられた。ゴールドをイメージした「光」(右)

photophoto ピンクをイメージした待受画像の「クリスタル」(左)、ダークブルーにあわせた「タワー」(右)
機種名 らくらくホン IV S
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×104×17.6ミリ
重さ 約113グラム
連続通話時間 約140分
連続待受時間 歩数計オン:約530時間(静止時)、約260時間(移動時)
歩数計オフ:約510時間(静止時)、約365時間(移動時)
アウトカメラ 有効約130万画素CMOS
インカメラ 有効約32万画素CMOS
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 約2.6インチ(240×320ピクセル)26万2144色 半透過型オールラウンド液晶
サブディスプレイ 約1.2インチ(64×64ピクセル) 1色 STN液晶
ボディカラー ピンク、ゴールド、ダークブルー

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう