ニュース
» 2008年03月24日 21時33分 UPDATE

ビック東海、7.2Mbps対応のデータ通信サービス「@T COM高速モバイルコース」を提供開始

ビック東海は4月1日から、イー・モバイルが提供する下り最大7.2MbpsのHSDPA網を利用したモバイルデータ通信サービスを提供する。インターネット接続サービス「@T COM」の既存ユーザーなら、月額5712円から利用できる。

[ITmedia]

 ビック東海は4月1日から、イー・モバイルのHSDPA網を利用した定額データ通信サービス「@T COM高速モバイルコース」を提供すると発表した。初期費用は2835円で、月額5922円で利用可能。データ通信カードはレンタル方式で、レンタル料は月額利用料に含まれている。

 ビック東海は光ファイバーからADSL、ウィルコムのPHS網など、さまざまなインターネット接続サービス「@T COM」(アットティーコム)を提供するほか、ケーブルテレビ事業や法人向けのメールASPサービス、データセンター事業、通信サービス事業などを営む情報・通信・放送事業者。新サービスの@T COM高速モバイルコースは、「エアエッジコース」と並ぶ、データ通信カードを利用したインターネット接続サービスとなる。

 サービスは、イー・アクセスからイー・モバイルが提供するEMモバイルブロードバンドサービス用回線のホールセール(卸売り)を受けて提供する。既存の@T COM会員は、セット割引料金として月額料金を210円の割引が適用されるため、月額5712円にてサービスを利用できる。利用できる端末はPCカードタイプの「D02NE」かUSBモデムタイプの「D02HW」のいずれか。

 なお4月1日から6月30日までの3カ月間に申し込みをすると、初期費用を無料にするほか、月額利用料の最大1カ月分(サービス開始月の利用料)を無料、端末レンタル代金を最大3カ月分無料とするスタートダッシュキャンペーンを実施する。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう