調査リポート
» 2008年03月27日 15時13分 UPDATE

携帯電話を使うことで利用が減ったのは「固定電話」「腕時計」「目覚まし時計・アラーム」

マイボイスコムが、携帯電話とライフスタイルに関する調査結果を発表。プライベートで利用するケータイの機能は「通話」「メール」「カメラ」が多く、ケータイを使うことで利用が減ったものは「固定電話」「腕時計」「目覚まし時計・アラーム」という回答が多数を占めた。

[ITmedia]

 マイボイスコムは3月25日、「携帯電話とライフスタイル」に関する調査結果を発表した。調査は3月1日から5日まで実施したもので、有効回答数は1万4739件。

 同調査によれば、プライベートで利用する携帯電話の機能は、「通話」が95%、「メール」が94%と9割を超し、以下、「カメラ(写真)」が77%、「時計」「電卓」がそれぞれ60%、「電話帳・アドレス帳」が59%、「アラーム・タイマー」が55%で続いた。

 携帯電話を使うことで利用しなくなった、もしくは利用頻度が減ったものは、「固定電話」が57%でトップ。これに「腕時計」「目覚まし時計・アラーム」がそれぞれ32%、「電卓」「手紙・はがき」がそれぞれ12%で続いた。なお、「使わなくなった・使用頻度が減ったものはない」という回答は21%だった。

 プライベートでの携帯電話の通話機能の活用度は、「特に用件がなくても通話することがある」は7%にとどまり、「用件がある時だけ通話する」が91%を占めた。メール機能の活用度については、「特に用件がなくてもメールすることがある」が27%、「用件がある時だけメールする」が69%で、用件がない時に利用する割合は、通話よりメールの方が高いことが分かった。

 平日にプライベートで通話する時間帯は、「20時台」が32%で最多となり、以下「19時台」が30%、「18時台」が28%、「21時台」が26%と並んでいる。「平日には携帯電話で通話しない」は14%。これに対して、休日の時間帯では「20時台」が24%でトップ。なお「10時台」から「21時台」も2割前後となった。「休日には携帯電話で通話しない」は29%だった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう