ニュース
» 2008年04月01日 15時28分 UPDATE

総務省、MCPCの「ケータイ実務検定」を後援──ケータイソムリエ試験が始動

総務省は3月31日、「携帯電話サービス等の販売員等に係る検定試験に対する総務省後援の運用方針」に基づいて、MCPCが主催する「ケータイ実務検定」を後援すると発表した。携帯電話販売員の知識レベルなどを認定する“ケータイソムリエ”試験が始動する。

[園部修,ITmedia]

 総務省は3月31日、「携帯電話サービス等の販売員等に係る検定試験に対する総務省後援の運用方針」に基づいて、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)が主催する「ケータイ実務検定」を後援することを明らかにした。

 MCPCのケータイ実務検定は、「多くの携帯電話販売関連業務等にかかわる者が技術・販売等の正しい知識を習得し、消費者への正確な情報の提供を行うことにより、利用者が携帯電話サービス等を安心・安全に利用することができる環境を整備するため」(発表資料より)に実施する検定試験で、

  1. 携帯電話サービス等の販売員等
  2. 携帯電話等の機器・ソフト開発に携わる者
  3. 学生等将来モバイル分野に携わる可能性がある者
  4. 消費者相談窓口の販売員等

を対象としている。第1回の試験は2008年11月15日に東京と大阪の2カ所で開催を予定している。検定料金は8400円の予定。

 今回の後援は、いわゆる“ケータイソムリエ”と呼ばれる資格認定制度の第1号となる。総務省が「モバイルビジネス活性化プラン」で必要性を指摘していた“販売員の資質向上を図るための資格認定制度や検定試験”に該当するもので、一般のユーザーが自分のニーズにあったサービスや端末を選ぶ際に、複雑化している料金体系や販売制度をユーザーに分かりやすく説明できるスキルがあるかどうかを認定する。

 MCPCは、前電波監理審議会会長の東京大学名誉教授 安田靖彦氏が会長を務め、KDDI、NTTドコモ、東芝、三菱電機が副会長を務める団体。会員企業には通信キャリアやPCメーカー、ソフトウェアメーカー、システムインテグレーターなどが名を連ね、モバイル関連の標準化や共通仕様の策定、関連書籍の出版や展示会の開催、技術者の教育など、さまざまな活動を行っている。ケータイ実務検定と似たような資格認定制度として、モバイル分野とIT分野の広い知識を習得していることを認定する「MCPCモバイルシステム技術検定」なども実施している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.