ニュース
» 2008年04月10日 13時19分 公開

「W51SH」と「W52SH」にアラームやEZニュースフラッシュ関連の不具合──ソフト更新を開始

KDDIは4月10日、シャープ製WIN端末「AQUOSケータイ W51SH」と「W52SH」のケータイアップデートを開始した。アラームが鳴動しない、EZニュースフラッシュが更新されない、といった不具合を解消する。

[ITmedia]
Photo AQUOSケータイ W51SHとW52SH

 KDDIは4月10日、シャープ製の2007年春モデル「AQUOSケータイ W51SH」と2007年夏モデル「W52SH」のケータイアップデートを開始した。

 アップデートにより解消されるのは、

  1. アラームが設定した時刻に鳴動しない場合がある(W51SH、W52SH)
  2. EZニュースフラッシュが更新されない場合がある(W51SH、W52SH)
  3. 他の機種でmicroSDに保存したEZチャンネルのコンテンツが、W51SHやW52SHの本体メモリに保存できない場合がある(W51SH、W52SH)
  4. オールリセット、メモリリセットを実行しても、プライベートフォルダ内のデータが削除されず残ってしまう場合がある(W51SH)
  5. auICカードの接触不良で電源のリセットが発生する場合がある(W51SH)

という各事象。いずれのケースも、それによってメモリ内のデータが毀損したり、消失したりすることはないという。

 アップデートにかかる時間は、W51SHが最大15分、W52SHは最大10分で、ケータイアップデートにかかる情報料や通信料は無料。アップデートはその場で手動で行うほかに、あらかじめ日時を指定して夜間などにアップデートを行うこともできる。

 なおW52SHは、2007年10月18日にも一部データが削除できない不具合などを修正するケータイアップデートを実施しているが、このアップデートを適用しているユーザーも再度今回のアップデートを実行する必要がある。また、過去にアップデートを実施していない場合は、今回のアップデートによりすべての事象が同時に修正される。

関連キーワード

W52SH | W51SH | au | シャープ | AQUOSケータイ | 不具合 | KDDI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう