ニュース
» 2008年04月24日 15時25分 UPDATE

KDDIの2008年3月期決算、増収増益を達成

KDDIが4月24日に発表した2008年3月期の決算は、引き続きauの移動体通信事業が業績を伸ばし、増収増益を達成した。

[ITmedia]

 KDDIは4月24日、2008年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7.8%増の3兆5962億8400万円、営業利益が前期比16.2%増で4004億5100万円、経常利益も前期比16.6%増の4079億2600万円で、増収増益を達成した。

 連結売上高は、auの移動体通信事業が3000万契約を突破するなど順調に増加し、前期比で増収を達成。営業利益、経常利益も、移動体通信事業が利益を引っ張り、固定通信事業の減益を吸収して増益となった。なお国内伝送路の遊休資産などの減損や、ツーカーの携帯電話サービス終了に伴う設備除却損などを特別損失として計上しているが、特別損失の額自体は2007年3月期よりも1340億400万円減少している。

 事業分野別に決算を見ると、移動体通信事業が売上高2兆8625億9800万円を稼ぎ出し、前期比6.9%増を達成。営業利益も4550億4300万円で前期比18%増と大きく伸ばした。契約数は3月末時点で3010万5000契約となっており、期初目標の「3000万契約獲得」を達成している。

 一方固定通信事業は、売上高こそ7186億4500万円と2007年3月期より0.6%増えたものの、損失が前年度より156億3100万円増え、−646億6700万円の営業損失となった。その他の事業は売上高が前期比53.8%増の1671億5800万円、営業利益が前期比31.4%増となる90億1400万円で好調だった。

 なお2009年3月期は、売上高3兆7000億円、営業利益4430億円、経常利益4400億円、当期純利益2500億円を予想する。

関連キーワード

KDDI | 決算 | au | 小野寺正 | 社長 | 携帯電話 | キャリア | TU-KA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.