ニュース
» 2008年04月24日 18時57分 UPDATE

携帯向けインターネットサービスを促進──「ジョイント・イノベーション・ラボ」設立

ソフトバンク、中China Mobile、英Vodafoneは4月24日、携帯電話を利用する新技術やアプリケーションサービスの開発を行う合弁会社「ジョイント・イノベーション・ラボ」(JIL)を設立すると発表した。

[ITmedia]

 ソフトバンクと中China Mobile、英Vodafoneの3社が3月24日、携帯電話を利用する新技術やアプリケーションサービスを開発する合弁会社「ジョイント・イノベーション・ラボ」(JIL)を設立すると発表した。まずはさまざまな端末プラットフォームやOSに対応したモバイルウィジェットの実行環境を開発する。

 JILは、3社がより高度な携帯電話向けインターネットサービスの提供を目指して設立する会社。携帯電話が単なる音声通話のための“電話”からインターネット端末へと変わりつつある現状をふまえ、こうしたインターネット端末にサービスを提供しやすい環境を作っていくことを主な目的とする。

 会社自体は2008年夏をめどに設立予定で、本社はオランダに置く予定だが、スタッフをすべてオランダに集めるのではなく、JIL参加各社がそれそれのノウハウや開発リソースを持ち寄り、情報を共有しながら全世界で開発を行うような体制になるという。またサービス提供を実現するためには、端末メーカーなどの技術や協力も不可欠であるため、今後は広くパートナーを募る考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう